禁パチ宣誓

パチンコ屋に行かなくなったワケ

2002年9月1日

あれはたしか・・・そう、5月のはじめ頃にこんなことがあった。その日アタシは自宅から車で10分ほどのパチンコ屋に行った。そして、かなりこっぴどく負けた。

『チクショー』と思いながら駐車場へ向かった。すると、アタシの車の右後ろがベッコリ凹んでるじゃないの! アタシは頭に血が上って、すぐさま店員を呼びに行った。パチンコは負けるわ、車は凹まされるわで、もう泣きっ面にハチ。頭の中はパニックだよ、パニック!

ちょうど若い店員が駐車場の掃除をしていたので、アタシは「ここ、ここ!」と凹みを指さした。彼はアルバイト店員だったのだろうか、「少々お待ちください」と言うと、走って店内に入っていった。

『店長を呼びに行ったんだろうな』

『くっそー、こういう時って保険おりるの?』

その直後!

なんと、アタシの車が凹んだ車の向こう側に、ちゃっかり無事で停まってるじゃないの!

「あ”−!」

(`ё´!

アタシは、慌てて自分の車に飛び乗って逃げたね。

もう、命からがら!!!

そのときから、もう4ヶ月もパチンコ屋に行ってない。今日、ちょっとヒマだったので『入ろうかな?』と思ったが、いい機会なので二度と行かないことにした。