ファイナルアンサー?

クイズ$ミリオネア裁判

2002年9月21日

ファイナルアンサー「残念!!」

現在の MSN-Mainichi INTERACTIVE(2002年9月21日)より

クイズ番組「クイズ$ミリオネア」で誤答とされて賞金を得られなかったとして、出演した静岡県沼津市の男性(45)が、番組を企画・放送したフジテレビジョン(東京都港区、村上光一社長)に、賞金650万円の支払いを求める訴訟を、静岡地裁沼津支部に起こした。

訴状によると、男性は今年2月21日放送の番組に出演。「マヨネーズの語源は?」の問題に「人の名前」と答えたが、「町の名前が正解」とされ、敗退した。男性が調べたところ、辞典などでは語源について「人説」も有力とされており、間違いでないという。

判決が注目されますね。この男性は750万円受け取る権利があったのに、100万円しかもらえなかったそうです。さて、この問題をどう解決したらいいでしょう? リンクした参考ページを開いて、あなたなりに考えてみてください。

Yahoo! Gourmet<マヨネーズの語源>

Google(クイズミリオネア + ルールで検索してください)

おそらく、この男性は10問以上正解しているので、ライフラインのうち「50:50」を既に使っていたと思われます。しかも、750万円獲得に成功すれば、観客が黙ってないでしょう。当然1,000万円にチャレンジするよう男性をけしかけたはずです。

ということは・・・、男性は、さらに難しい4択問題にチャレンジする可能性があったわけで、750万円獲得を「確定」と見なすことはできません。

アタシなりの判決

  1. フジテレビが用意したクイズには不備があったことを認める。(750万円の問題は正解扱いとする)
  2. しかし、男性は750万円を獲得した時点でリタイアするつもりだったことを立証できない。
  3. よって、1,000万円の問題にチャレンジしたか、しなかったかの確率を50:50とする。
  4. 1,000万円の4択問題は極めて難しく、正解の確率は1/4だったと計算する。

50%(4/8):750万円獲得。(750万円獲得した時点でリタイア)

50%×3/4=37.5%(3/8):1,000万円の問題に不正解、結局100万円獲得。

50%×1/4=12.5%(1/8):1,000万円の問題に正解、結局1,000万円獲得。

この場合、男性が獲得したであろう賞金の期待値は・・・

(750万円×4+100万円×3+1000万円×1)÷8=537.5万円

よって、フジテレビは537.5万円−100万円=437.5万円を男性に支払うべきである

注意:この判決は何の効力も持ちません。あしからず。

2003年10月7日

この裁判に判決が出たので追記します。

現在の MSN-Mainichi INTERACTIVE(2003年10月7日)より

静岡地裁沼津支部は7日、原告の請求を棄却する判決を言い渡した。新阜(にいおか)創太郎裁判官は「クイズの問題の正解の設定権はテレビ局側にある。文献を見ても、クイズに正解したとは言えない」と述べた。

ということで、アタシの大岡裁きは見事に無視されました。

(`⊥´)ゞ