マスタードチキンバーガー

日本企業の生きる道

2002年9月22日

おとといの夜、久しぶりに MOS バーガーに行ったんです。すると、こんなメニューがありました。

秋の創作料理メニュー、登場!!

根菜とバルサミック酢のソース仕上げ。マスタードチキンバーガー。

早速食べてみたら・・・、チキンの上に乗っている蓮根と牛蒡のサラダがいい! 蓮根の歯ごたえが絶妙で、ブドウ果汁を煮詰めて熟成させたというバルサミック酢の酸味も効いてます。

そして、肝心のチキンですが、マスタードソースに漬け込んだ肉を焼いてあるので、一手間かかってる。これはなかなか凝ったメニューですぞ。アタシはちょっと感動したので、さっそく自分の掲示板に感想を書いてみました。

「こんなに美味しいチキンバーガーは初めてです。安いだけのマックとは二味も三味も違う。だまされたと思って食べてみな」

すると、こんな答えが返ってきました。

「そうなんですよね、MOS は近所にあるので良く利用します。海鮮かきあげライスバーガーも好きですな、オニポテもしくはオニオンリングもオーダーしちゃいます。安いだけのマックとは客層が違いますね。女子高生はあまりいません」

確かに MOS はマックと客層が違います。20代、30代の女性が多くて、ガキはほとんど来ません。店はこじんまりというカンジで、落ち着いてゆっくり食べたい人向きでしょう。レジの横には小さい黒板があって、「今日のお野菜」も書いてあります。

レタス 岩手県二戸市▲農協

タマネギ 山梨県韮崎市○農協

トマト ・・・

なんか、これだけでも「安全」「フレッシュ」「まごころ」を感じますね。『少々高くても』という気になります。だいたい、マックとは味がまるで違うし・・・。そこでアタシはモスフードサービスのページを一通り読んで MOS にメールを送ることにしました。要約すると「マスタードチキンバーガーを期間限定で終わらせるのはもったいない」という内容です。そしたら、今日は日曜だというのに早速返信が来ました。

株式会社 モスフードサービス
お客様相談室 ○□▲子

モスバーガーをご利用頂きましてありがとうございます。この度はご意見をお寄せ頂きましてありがとうございました。マスタードチキンバーガーを気に入って頂いたとのこと、嬉しく拝見致しました。ご意見は商品の開発部署に伝えさせて頂きます。今後とも皆様にご満足頂けるよう努めて参りますので、モスバーガーをよろしくお願い致します。

おお、何と素晴らしいこの対応。感動したっ!

みなさんは、物価の指標にハンバーガーの値段が入ってることを知ってますか? 世の中がマックのように「安い」一辺倒になると、ますますデフレが加速しそうでキケンなんです。デフレって一見ありがたいけど、長く続けばボディーブローのように利いてきて、日本人全体が戦意を喪失しちゃうでしょう。

「マックには行かず、MOS にしときな」とは言いません。そんなの個人の自由ですから。ただ、「少々高くても安心できるもの」「少々高くても付加価値の高いもの」「少々高くても満足できるもの」・・・日本人が作る物はこうでなきゃいけないと思うわけです。アタシは、「日本企業の生きる道」を MOS に見たような気がするんですよ。