9デイズの感想

シネマイレージで見た映画

2002年10月31日

あっ、ポイントカードに「次回無料」と書いてあるぞ。TOHO CINEMAS で映画を6本見ると、1本タダで見られるのだ。3日連チャンだけど、今日も勢いで見ちゃお!

『善は急げだ』

何が「善」だかわからんが、アタシは早速、海老名に向かった。なにしろ歯止めが利かない性格だから、勢いが付くと、どこまでも転げ落ちていくのである。テレビゲームなんか、一旦はじめたら極めるかラストを見るまで狂ったようにやりまくる。釣りも同じで、エギングに目覚めたときは、往復260キロの距離をモノともせず、伊豆下田に週2回も通ってしまった。

まったく、我ながらコワイ性格である。

ViNA WALK に到着したのは、きのうとほとんど同じ17:20頃だった。「スズメバチ」なら待ち時間なしで見られるが、タダとは言え、きのう見たばかりの映画をもう一度見るのはもったいない。他に何かないか?

でも、10月は6本も見たので、9スクリーンあるシネコンでも、まだ見てない作品となると・・・待ち時間が少ないのは・・・えーと、えーと・・・「凶気の桜」か「9デイズ」だな。時間は・・・えーと、えーと・・・18:30か。なんだ、まだ1時間以上あるじゃん。

『1時間以上待って2時間の映画を見ると、駐車場代が発生するなぁ』

『今日は映画がタダなんだから、何か買い物でもしよう』

ということで、アタシはユニクロへ行くことにした。(ViNA WALK の思う壺にハマってるアタシ)

『フリースは今持ってるのでイイや。ユニクロがモロバレなのはイヤ』

ということで、今回はハイネックシャツと HEAT TECH INNER WEAR、それと白、黒、グレーのスポーツソックス3足セットを買うことにした。

『これでアタシもウニクラー?』

おっと、まだ時間を潰さなきゃならない。じゃあ、何か食べよう。

『見慣れないバーガー屋があるな』

メニューを覗きながら、FRESHNESS BURGER という店に入ってみる。フレッシュネスバーガー、ベーコンオムレツバーガー、サルサバーガー、メンチバーガー、ネギミソバーガー?

なんか、初めてのメニューで戸惑ったが、アタシはメキシカンソースのサルサバーガーを注文してみた。こんがり、バター浸み浸みのマフィン的バンズ。マックよりやや上質のビーフ。モス的ソースこぼれ落ち防止包み紙で包まれたバーガーは、たっぷりレタスにサルサソース付き。味はまあまあかな? モスよりは落ちるけどね。

外へ出ると七重の塔がライトアップされてキレイだった。

『そろそろ映画がはじまるな』

『窪塚洋介主演の「凶気の桜」にするか、アンソニー・ホプキンス主演の「9デイズ」にするか・・・それが問題だ!』

窪塚洋介にも興味があったが、2, 3分迷ったのち、今日のところは無難に「9デイズ」を選んでみる。予告編でスパイアクションだとわかっていたのだ。一方の「凶気の桜」はヤクザ映画みたいな作品らしい。

さて、それでは印象点をはじき出してみるか。

まず、時限爆弾モノはギリギリのタイミングで起爆装置を止めるのが最初からわかっているから、基礎点が大幅に下がってしまう。基礎点は「お暇なら」の C。そこからいかにプラス点を稼ぐかだが・・・

俳優の組み合わせとセリフが面白かったので、ややプラス。しかし、秘密兵器や大がかりなセットは出てこないので、ややマイナス。アクションも派手さがなく月並みなので、ややマイナス。でも、全体的にはテンポが良く楽しめたので、ややプラス。ということでプラスマイナスはゼロ。

評価:C。かなり点数が低いが、これは目新しさに欠けたからである。スパイアクションと言うより、コミカルなスパイ映画と言った方がいいかもしれない。アンソニー・ホプキンスは悪役かと思ってたが、何でもこなせるんだね。

9デイズ

9デイズ(DVD)