QBハウス

千円ポッキリ10分でカット

2002年5月7日

イオントリートメントブラシ今日、久しぶりに散髪に行った。もう、かなりボサボサだったので、さすがに観念したわけだ。以前は月に1回ぐらいのペースで行っていたが、今は40日に1回ぐらいだろう。なにしろものぐさだから、アタシにとっての床屋は「行かざるを得ない場合」にのみ行く場所なのである。では、1年半ほど前から世話になっているQBハウスを紹介しよう。

ココの特徴は・・・

  1. 何と言っても、まず安いこと。消費税込みで千円ポッキリ。
  2. 次の特徴が、早いこと。今までに待ち時間を入れて30分以上かかったことは一度もない。
  3. 第三の特徴がシャンプーをしないこと。

*クレイツ『イオンドライヤー』一人にかかる時間はアバウト10分である。シャンプーをしないから、ドライヤー、整髪料、髭剃り、マッサージなどは省略だ。で、髪を切ったあとは、掃除機で頭を“ジュッボー、ジュボー・ジュボー、ショワン、ショワン、ショワン、ジュッポー、ジュボー・ジュボー”と吸われる。シャンプーしないと、髪の毛の切りくずが残ると思うだろう。ところが、そんなこたーない。シャンプーしたときと、ほとんど変わらないのだ。

この床屋ができる前は、40分ぐらいかかって3,500円ぐらい取られていた。まあ、時間的に見れば納得の値段ではある。(現在の全国平均は3,600円ぐらい)しかし・・・ 『シャンプーなんかしなくていいよ』とか 『マッサージなんかやらなくていいよ』とか 『もう家に帰るだけだからヒゲは剃らなくてもいいよ』など、 アタシは、QBハウスができるまで様々な“無駄”を感じていたんだな。

ところが、そこへ彗星のごとく登場したQBハウスが、アタシの考えていた“無駄”をすべて省き、しかも手頃な値段を実現してくれたのである。

当然のことながら、アタシんちの近所では、おじいさんも、おばあさんも、大人も、子供も、みんなみんなQBハウスに行くのである。2人の理容師が休みなくチョキチョキ。お客が途切れたのは見たことがない。『おっ、途切れるかな?』と思うと誰かしら入ってくるのだ。(中が丸見えだから)

だいたい、床屋でヒゲを剃るなんて無駄だろう。まず時間がかかる。お金もかかる。理容師が下手だと出血することだってある。それに、顔を剃っているとき地震でも起こったらどうするよ?

理容師にヒゲを剃ってもらうより、安全でキレイに剃る方法があるんだ。えっ? 蒸しタオル? そんなことするよりもっと素早くできる方法があるんだって。

まず、ぬるま湯で顔を洗うのだが、ここでフェイシャル・スクラブを使うのがポイント。スクラブで毛穴にたまった脂を落とすと深剃りしやすくなる。次に、スクラブを洗い流してシェービングジェルを塗る。あとは3枚刃の安全カミソリで剃ればオッケー。どんな床屋より素早くキレイに剃れるからやってみな。

さて、QBハウスに話を戻そう。

TOTO マッサージシャワーワンダービートQBハウスの求人を見ると、平均36万円稼ぐと書いてあった。1時間で約5,000円、そのうち半分もらうとして時給2,500円。週に40時間働いたとして10万円だから、だいたいそんなところか。 まあ、結構忙しい仕事だから、キツイかもしれないが、ガタガタ言う上司はいないし、水を使わないから手も荒れない。働く方としても働きやすい職場と言えるだろう。

しかも、利用者にとっては、最高にウマー・・・なのである。QBハウスのそばに宝くじ売り場があるので、浮いたお金でtotoやナンバーズが買える。床屋で浮いたお金で一億円か。むふふ・・・こんなにウマい話はない。ナンバーズの予想なら、このサイトでもできるから GAME を試してね。うまくいけば億万長者だぞ。

この話の続編