TV番組今昔物語

みんなTBS

2002年5月15日

つい最近、問題になった番組が3つある。一つ目は、番組を真似て小学生が窒息死した「フードバトル」。二つ目は出場者が2人も重傷を負った「筋肉番付」。そして三つ目は、出演者が暴力沙汰で逮捕され、おまけにヤラセまでバレてしまった「ガチンコ」。これらは、偶然かもしれないが、みーんなTBSの番組である。

特徴は・・・まず、シロウトや名もない芸人が登場する番組ってこと。よく考えてみると、昔のゴールデンタイムは、漫画か、クイズ番組か、お笑い番組だった。ところが今は、それらの番組があまりウケけなくて、「シロウトや名もない芸人が生身で対決したり、とんでもない企画に挑戦する番組」がウケているような気がする。

アタシが子供の頃、よく見ていた番組というと・・・

まず、クイズ番組ならアップダウンクイズ、巨泉のクイズダービー、タイムショック、ぴったしカンカンなど。

アニメは何と言っても巨人の星、アタックナンバーワン、エースを狙えなどのいわゆる「スポ根もの」。

それから、アイドル番組としては、スター誕生!、ザ・ベストテン。お笑い番組では、8時だよ、全員集合!。

その他としては、俺たちの旅、太陽に吠えろ!、時間ですよ・・・

こうして並べてみると、今の番組とずいぶん違うよね。これじゃ、今の子供と全然話が合わないだろう。もうちょっと昔のいいところも取り入れてほしいよな。もっと、大人と子供がいっしょに、安心して楽しめる番組があっていいはずでしょ。暴力とか、キケンと隣り合わせの番組ばかりやってるから悲劇が起きるんだ。

しかし、今は家庭にテレビが複数あるのが当たり前だろう。大人は大人の番組を、子供は子供の番組を別のテレビで見ている家もあるに違いない。夫婦で違う番組を見ている家もけっこう多いはずだ。 ちなみにアタシの場合は、サッカーと野球がほとんどで、何か重大な事件があったときだけニュース番組を見るぐらいだね。あとはインターネットでほとんど事が足りてしまう。昔に比べてテレビを見なくなったよ。

そう言えば、同時多発テロの時もインターネットがアタシにとっての第一報だった。

世間知らず

先週の視聴率が気になったので、調べてみた。

TV視聴率(5月6日〜5月12日)

  1. 空から降る一億の星
  2. さくら
  3. 世界まる見え!テレビ特捜部
  4. SMAP×SMAP
  5. 渡る世間は鬼ばかり
  6. 伊東家の食卓
  7. 火曜サスペンス劇場
  8. 利家とまつ・加賀百万石物語
  9. 巨人−阪神戦11日
  10. 巨人−阪神戦12日
  11. 踊る!さんま御殿!!
  12. 名探偵コナン
  13. 月曜ミステリー劇場
  14. ブロードキャスター
  15. 一億人の大質問!?笑ってコラえて!

15位まで並べてみたんだが、みんなが見てる番組をほとんど見てないねー。12日の巨人・阪神戦以外は何も見てない。見たことがある番組でさえ「踊るさんま御殿」と「伊東家の食卓」ぐらいだもんなー。この中に毎週見たい番組は何もないよ。

たまーに見るのは、ナインティーンナインの「ごちになります」というコーナーぐらいだ。番組名は知らなかったが、今調べたら「ぐるぐるナインティナイン」という番組らしい。なんで見てるかというと、「ごちバトルやってるよ」と母が教えてくれるからで、もし教えてくれなかったら、何曜日にやっているのかさえわからない。

見てるのは、サッカー(Jリーグは下手だからあまり見ない)と深夜番組(ラジオがわり)と巨人が負けてる野球ぐらい。だから、インターネットがなかったら無茶苦茶世間知らずになってると思う。

でも、出先で、たまーにテレビの話題が出ることもある。それはガチンコの「ラーメン道」というコーナーの話題だ。「ラーメン道」は、藤沢にある「支那そば屋」の頑固オヤジが、弟子入り志願者を毎回こっぴどい目にあわせる。

どこが楽しいかというと、「おまえ、帰れ!」と言われた弟子のリアクションを楽しむのだ。ある者は本当に荷物をまとめ、またある者は土下座して哀願する。昔のスポ根ものに通じるところがあるかもしれない。

この番組について友達がこんなことを言っていた。

「あのヤロウ・・・不味かったらタダじゃおかねぇ。ひとくち啜って“こんなもん食えるか!”と言ってやりたいね」

そうなのである。それぐらい自信満々だから憎たらしいのである。誰だってイタズラしてみたくなるよ。まず、ラーメン道の頑固オヤジの店に行って、ラーメンを注文するんだ。そしてラーメンが出てきたら、ひとくち啜り、「マズイ!こんなもん食えるか!」と言って箸を投げ捨てるわけ。

ホントにやったらどうなるかな? 想像しただけでコワイね。