牛丼 WARS

牛丼の日に親子丼

1/3ページ

2002年7月5日

きのう吉野屋の前を通りかかったら「親子丼」のノボリが立っていた。どうやら牛丼の吉野屋が親子丼の販売をはじめたらしい。

『うそぉー! 牛丼一筋じゃなかったのー?』

だいぶ昔のコマーシャルだが、吉野屋といえば

♪牛丼 ひっとすじ はっちじゅうねんー♪ なのである。

だから、だから、吉野屋は親子丼を売っちゃいけないのである。

牛丼一筋の掟を破って、親子丼に手を染めることは、吉野屋にとって自殺行為にもなりかねない。いくら BSE の影響が深刻でも、吉野屋の親子丼は反則だ。そんなことをしたら牛丼にトリの味がしみてしまうではないか。それはマクドナルドがハンバーグ・ラーメンを売るようなものだろう。

イカンよ、それは! えっ? 背に腹は替えられないって? そうかもしれない。でも吉野屋のページを見るとお客さんの数は減っていないのだ。皆さんは、去年の牛丼250円セールを覚えているだろう。爆発的にお客さんを呼んだおかげで、あれだけ BSE で苦しんだにもかかわらず、売上高前年比プラスはちゃんと確保している。

もしかすると、これは神奈川だけのテストケースなのだろうか? 吉野屋のページには「親子丼新発売」の記事がどこを探しても見あたらない。

ところで、吉野屋のページには色々面白い記事があった。まず、9日、10日が“牛丼の日”になっていて、空くじなしのスピードくじが引けるらしい。はずれても50円引きの券になるから“お得”ってわけだ。

『なぜ?』

『9(きゅう)、10(とう)・・・なるほど、きゅうとうの日→牛丼の日。苦しいこじつけだなぁ』

『なになに、株主優待で半年に一度500円のお食事券が10枚ずつ?』

『ということは、配当金と併せて年間1万数千円がもらえるわけね』

『どれどれ、株価はいくらかな?』

『おお! 22万円か。20年持ってれば、絶対損しないよね』

『うんうん、牛丼が好きなら買って損のない株だな』

てなことを現在考え中・・・