牛丼 WARS

吉野屋の紅ショウガ

2/3ページ:最初のページ

2002年7月6日

吉野屋の記事を色々検索していたら面白い話が出てきた。

「吉野屋に行くと、紅ショウガの入れ物がありますよね」

「おお、ワシはあの紅ショウガをだいたい2掴みは入れる」

「下の方からほじくり出すことはないですよね」

「まあ、上の方から取るのが普通だな」

「店員が補充するときも上からですよね」

「まあ、そうだろう」

「ということは、吉野屋の紅ショウガの容器には、底の方に開店以来、入れ替わってない紅ショウガがあるわけですよね」

「・・・・」

この話、思わず笑った! しかし、実際にこんなことはない。安心して紅ショウガを食べよう。

牛丼一筋に幕

吉野屋が親子丼?

「吉野屋さん、なぜ牛丼が280円で親子丼が450円もするのですか?」

「そんなに旨いのですか?」

「問題提起した者としては、食べざるを得ないじゃないですか!」

「9日か10日にうかがいますよ。いいですね!」

「まずかったら容赦しませんからね」

2004年1月20日追記

2004年1月に吉野家の親子丼は380円になりました。詳しくはココ

牛丼リンク

吉野屋D&C

松屋フーズ

すき家

なか卯

実は、ぜんぜん行かないんですよ。丼物ファーストフードのお店って。まず、すき家と松屋は一度も行ったことがないでしょ。吉野屋は・・・えーと、あれは【プッツン!ノコギリ歯】のときだから1998年1月24日以来行ってません。

こういうことも釣り日誌を書いてなきゃ、絶対ワカランのですよ。だ・か・ら、釣り日誌を書くってことは、けっこう意味があるんです。皆さんバカにしてると思うけど、4年半も前のことが昨日のことのように思い出せまっせ。素晴らしいじゃないですか。これは、ある意味、物凄いことでしょ。手間ヒマ掛かかるけど、それだけに一度の釣りが二度も三度も楽しめるわけです。

そうそう、なか卯も一度だけ行ったことがあります。これは【強行・アオリ三昧】のときだから、一昨年の10月ですね。そのときのことも釣り日誌のおかげで克明に覚えてます。 食べたのは、確かミニ牛丼と、きつねうどんのセットでした。これは結構美味しかったような気がします。今度、花水川のそばを通ったとき、おなかが空いてたら食べたいなー。伊豆方面にアオリイカを釣りに行くとき、西湘バイパスの出発点に大磯店があるんです。