牛丼 WARS

吉野屋に行ってみた

3/3ページ:最初のページ

2002年7月16日

近所の吉野屋に行ってみたが、親子丼は存在しなかった。 でも、平塚の吉野屋には今日も「親子丼」のノボリが立っていたので、129号線平塚店なら食べられるだろう。やはり、親子丼をやっている店は限られているらしい。 明日にでもそばを通ったら食べてみよう。

2002年7月18日

結論を出すためには、どうしても吉野屋の129号線平塚店に行かなければならなかった。あまり腹は減っていなかったが、「結論に腹は替えられない」・・・なんのこっちゃ!

親子丼450円

これが129号線平塚店に親子丼が存在するという証である! どうだ、いいだろう。アタシは吉野屋で親子丼を食べることができるのだ! これは、ハッキリ言って画期的なことなのだ!

お肉タップリの親子丼

親子丼は牛丼の大盛りより高いだけあって、タップリ鶏肉が入っていた。ダシは牛丼と同じだろうか? なんとなく違うような気もするが、似た味である。吉野屋のページに「白ワイン」を使っているという情報があったので、親子丼の味付けにも白ワインが入っているのだろう。

マイウー?・・・かというと、そうでもない。ただ珍しいというだけの話である。そうだ、最後にインタビューしなければ! アタシは店員のオバチャンに尋ねてみた。

「あのぉー、親子丼を売っている吉野屋は、ここだけですか?」

「他に一店あるようです」

「それは、神奈川県内ですか?」

「そうです」

ということで、神奈川県内にもう一店、親子丼のある吉野屋が存在するが、それがどこかは、わからなかった。かなりどうでもいいことではあるが・・・

これにて調査報告終了である。結論はというと・・・牛丼並+ごぼうサラダ+味噌汁が同じ値段なので、『そっちの方がいいかな?』というところだ。メニュー追加もいいが、「牛丼一筋」のキャッチコピーを捨て去るのは、ちょっと惜しい気がした。

2004年1月20日追記

2004年1月に吉野家の親子丼は380円になりました。詳しくはココ

【牛丼 WARS】おわりっ!