日韓分催ワールドカップ (5)

一味唐辛子

2002年6月18日

大韓民国大韓民国大韓民国

大韓民国大韓イタリア民国大韓民国

大韓民国大韓民国大韓民国

これじゃイタリアでも勝てるわけがない。韓国がなんで赤いユニフォームなのか今日初めてわかった。ありゃ、唐辛子の色だったんだ。スタンドを見て『まるで一味唐辛子だ』と思ったね。

それに引き換え、日本代表の試合は土砂降りのせいか盛り上がりに欠けたな。ロシア戦のように手に汗握る場面は、ほとんどなかった。『こりゃ、点が入りそうもないわい』と最後の5分は諦めたぜ。

日本人って冷めやすいから、あさってからは鈴木宗男が新聞のトップを飾るだろう。街で大騒ぎしていた若者も、今度はテレビゲームで日本代表を世界の頂点に立たせるため、部屋に閉じこもってしまうのではないだろうか。

この2週間ほどの間、景気が良かったのは、テレビのある飲み屋、酒屋、競技場周辺のコンビニぐらいだろう。経済効果がどうのこうのとテレビで言ってたけど、逆に収入を減らした店が多かったと思う。土曜はディズニーランドでさえ乗り物が乗りホーダイ。釣り船もお客さんが少なかった。むしろ普段に戻った方が世の中のためかもね。

でも、サッカー熱だけは急激に冷めてほしくないな。これからもっともっとJリーグの質が高まることを望むよ。