新チャンネル導入記-1

スターチャンネルを見るぞ!

2/6 木曜日

予約してあったデジタルハイビジョンレコーダー DV-HRD1 が届いた。受け取ったのが夜だったので、今日のところは箱からマニュアルを取り出しておしまい。

2/7 金曜日

早速、液晶テレビ GAWIN M-10 に接続してみる。

BS-ハイビジョンは、やはりキレイだった。GAWIN M-10 は、色がとても鮮やかに出るので、今までのテレビとは全然違って見える。その上、アナログと違ってゴーストも全く出ない。

そして、何よりもデジタル放送は1クリックで番組表を出せるのが便利である。これならテレビ画面で番組紹介が見られ、番組の録画も超カンタン! インターネットテレビガイドも新聞もいらない。

あれっ? スカパー2のプロモチャンネルやショッピングチャンネルも見られるぞ。これは110度 CS だよな。ノジマの店員は 45cm のデジタルハイビジョンアンテナだと CS はキビシイかもしれないと言ってたけど、なんとか見られるようだ。画像はデジタルハイビジョンに比べるとだいぶ落ちるけどね。

あとは B-CAS カードを挿入して、契約すればオッケーってこと? ん? スカパー2と WOWOW は2週間無料試聴キャンペーン中? なんだ、そうか。タダなら見てみようじゃないの。

待てよ、スターチャンネル(BS デジタル)の契約をしようかな? 劇場で見逃した映画や、過去の大作をこれで録画しよう。デジタルだから CS 放送よりずっとキレイに保存できるんだ。月々1,800円なら安いもんだよ。

早速、B-CAS でカードナンバーを登録しておこう。とにかく、これをやっておかないと有料放送の試聴すらできないのだ。

B-CAS カード

2/8 土曜日

明日、このあいだ劇場で観た【メメント】の放送がスターチャンネルであるらしい。この映画、どうしても、もう一度観てみたいんだよな。

『よし、スターチャンネルの契約をしよう』

スターチャンネル

登録した B-CAS カードのナンバー、メールアドレスを入力すると、こんなメッセージが出てきた。

●○● スター・チャンネル BS 視聴開始作業の手順 ●○●

  1. BS デジタルチューナーの電源をオンにして、B-CAS カードをチュー ナーに差し込みます。
  2. 約30分間、チャンネルをスター・チャンネル BS(ch200またはBS10ch) にあわせたままにする。
  3. 画面が真っ黒の状態(チューナーによっては「契約されていません」などの表示)から、有料放送である映画の画面に切り替わったら、視聴開始です。※映画作品放送の間の情報番組は無料放送ですので上記手順を行わなくても、視聴できます。

2/9 日曜日

昼に起き、スターチャンネルをつけっぱなしにしておくと、いつの間にか映るようになっていた。とりあえず観られるようにしておいて、申込書はあとで送ってくるらしい。アタシは早速【メメント】の録画予約をしてみた。

『うわー、これは簡単だ!』これなら間違えようがない。

セッティング

ライブ時はブルーのセンターランプが点灯する。
写真をクリックすると QT Movie スタート!

【メメント】は劇場で観て、どうしても、もう一度観たいと思っていた映画だ。頭を殴られたショックで10分間しか記憶を保てない男が、どうやって妻を殺した犯人を捜すのか? 映画では、主人公と同じ記憶障害を体験させるため、5分から10分のシーンが断片的に、しかも時間を逆転して編集されている。

『うーん、なるほど、そうだったのか・・・』

HDD レコーダーで、わかりにくいところを再生して、ようやく事件の全貌がつかめた。でも、この映画は編集テクニックに見るべきモノがあるので、念のため DVD-RW にダビングしてみよう。

ここで覚えておかなければイケナイのが、CPRM(Content Protection for Recordable Media)対応の DVD-RW を用意するということである。BS デジタル放送の映画には「1回だけコピー可能」のプロテクションがかかっていて、CRPM 対応のメディアを使用しないと録画がうまくできないらしい。(5枚で3,500円程度)

約2時間の映画を DVD-RW にダビングするのに何時間かかるかわからないが、この機械は寝ている間にダビングしてくれる。「HDD から DVD-RW へダビング」を選ぶと、「何時間後にダビング開始」という画面に切り替わるので、適当な時間をセットして、あとは寝ればいいのだ。1回だけコピー可能というのはどういうことかというと、DVD-RW にダビングしたら HDD からは自動的に消去されるってことらしい。

2/10 月曜日

DVD-RW にダビングした【メメント】をもう一度再生してみた。画質はライブと変わらない。『こりゃーすごい!』と思った。寝ている間にダビングしたのだが、確かに HDD からは消えているようだ。これで1回だけコピーできるという謎が解けたぞ。

『よし、今日はジュラシックパークVを録画してみるか』

80GB のハードディスクだと、SD(スタンダード)で19時間ほど録画できる。まあ、十分と言えよう。ジュラシックパークは、最初の部分を見逃したので、追っかけ再生を使って最初から見た。

『なんなんだ、この便利さは!』

そう言えば、きのうこんなことを書いた。

(誰かさんにとって)新しい対象は輝くように魅力的に見える。特にそれが新しい可能性や、開放、自由に役立つような場合には、ほとんど誇大的といってよいほどの高い評価が与えられる。

まあ、そういうことなので、聞き流してちょうだい。いずれは、どこの家でも当たり前になることだ。しかも、2、3年後には、現在12万ぐらいしている品物が5、6万で買えるようになっているだろう。HDD も1テラバイト以上が標準になっているかもしれない。

2/11 火曜日

すでにミカン箱にして5箱分ぐらいのゴミを出したが、新たに6箱分のゴミが出てきた。

「Shit !!」

スターチャンネルばかり見ていたので、不意に英語が飛び出してしまった。もう、捨てても捨てても、いくらでも不要品が出てくる。今日はゴミとしてビデオテープを20巻ほど捨てただろうか? でも、買ったビデオは捨てなかったので、以下の4本は誰かに進呈しようと思う。もう、うちにはこれを見る手段さえないのだ。

カヌーツーリング(フォールディング・カヤックの川下り)

エッセンス・オブ・フライキャスティング 2(メル・クーリガー、スティーブ・レイジェフなどが出演。かなりハイレベルなテクニックが見られる)

究極のスティールヘッドに挑む(杉坂隆久&奥山文弥、バビーンリバーで撮影)

ミッジング・テクニック(杉坂隆久、長良川で撮影)

ところで今日、米最低映画賞、ゴールデン・ラズベリー賞(愛称ラジー賞)の候補者・作品が発表されたが、最低作品部門にアタシが40点の激辛採点をした【スター・ウォーズ 2 クローンの攻撃】がノミネートされたようだ。

これでアタシの評価がそれほど突飛でないことが証明されて安心したよ。