どこで洗車する?

釣り人に洗車場所を聞いてみました

2003年3月27日

なぜ、このようなアンケートを思いついたかというと、コイン洗車場のホームページを作ったからである。果たしてコイン洗車場を利用する人はどれぐらいの割合なのだろう?

まず結果から発表しよう。(サンプル数が23と、まだ少ないので片寄ってるけど)

GS派の意見

  1. 洗いませんねー。梅雨時なんて明けるまでそのまんまだし、冬は寒くて洗う気にならんし、夏は死んじゃいますしね。で、平均2ヶ月に1回くらい知り合いのスタンドで洗うくらいかと。
  2. うちのクルマはでかくて洗車機に入らず、自分で洗うと1日ががりなので、買いたての頃に数回洗っただけです。その後は余りの手間に、「その分仕事して業者に頼んだ方が効率的」という結論になりました。今は近所のJOMOが1,800円で手洗いしてくれるので妥協してます。この値段で2人ががり20分以上とはデフレもはなはだしい! ちなみにペースは、せいぜい月に1回程度。
  3. ツキイチでガソリンスタンドで洗車してます。あとはデートの時くらいかな。(随時)
  4. 東京に来てからは近所にコイン洗車場が無いのでスタンド。ちなみに、茅ヶ崎に住んでた頃は、実家がニュータウン高田なんで Tomy さんがHP作ったところでいつも洗車してましたよ。
  5. いつも釣りばかりしているので めったに車は洗わないのだが、人に会うときはちょっとということも・・・。そんなときは気軽にできるスタンド洗車かな? 僕は前職、ディーラーに勤めていたので以前は手洗い専門だったが、洗車道具の管理やコストはバカにならない金額になる。そのうち『車なんて消耗品だね』なんて考えるようになって、高い車にも洗車にもこだわらなくなってしまった。だって500円で洗ってもらえるならコイン洗車よりラクじゃない。水洗いで十分ですよ。ワックスもかけない。

自宅+GS派の意見

夏は家で洗車し、冬はスタンドが多いです。でもあんまり洗車しないけどね。

コイン洗車場派の意見

自宅前で洗うこともたまにあるが、家の前を通る車が多くて、必ず邪魔されるのでコイン洗車場に行くことがほとんど。あと、釣りで遠征したときは、ガソリンスタンドで洗うこともあるが、それは年に1度あるかないかだろう。頻度は2ヶ月に1回ぐらい。

クルマは滅多に洗わない(年2回以内)派の意見

  1. 「洗車ってなぁ〜に?」ってすっとぼける程洗ってません。まったく愛着なし! たまーにスタンドにあるコイン洗車で洗うくらいです。
  2. 私は基本的には車は外見、内装共に綺麗にして乗りたい性質なのです。いえホント。内外装とも余計なものを付けたり、ぶら下げたりせず。シンプル且つ清潔に。しかし、自宅前の屋根無し駐車場は、洗ってもホコリや潮風の湿気や雨等ですぐ汚れるのです。当然だんだん洗車の回数は減り・・・。ちなみに今のクルマはシルバーです。この汚れが目立たないカラーをチョイスしたおかげで、洗車の労力を盆暮れの2回程度に済ませる事が可能になりました。道理で灰色にしか見えない? ほっといて!

自宅+GS+コイン洗車場派の意見

新車を購入したら自宅で。でも、どこか擦り傷が1つでもついてしまったらガソリンスタンドの洗車機で。(この場合でも、2〜3回/年は手掛けでワックス掛けます)

車内に掃除機をかけたいときと凍結防止剤の撒いてある道路を走ったあとはコイン洗車場で。こんな塩梅で、今までのクルマは洗車してます。

フクピカ派の意見

「フクピカウェット」で拭いてるんです。場所は自宅、会社の駐車場、スーパー前で家族待ちの時、など気が向いた時です。だいたいは、雨が止んだ次の日とかですね。

水洗いじゃないのでボディに傷が目立つとか、そういうことはありません。でもすごく神経質な人はだめかも知れないけどね。それより、待ち時間を有効に使えるのと、いつでもどこでも車をキレイにできるので、洗車よりも気に入ってます。

ここ2年で、洗車したのは、雪道を走った後と、高速で虫がいっぱい付着した時の、2〜3回かな。姉妹品の「フクピカ」の方がコート効果が強力ですが、こちらは洗浄力が無いので洗車後にしか使えません。


洗車場のページを手がける前は、日本人の方がアメリカ人よりクルマをキレイにしていると思いこんでいた。それは何でかというと、米軍キャンプの兵士が乗っている車を見ていたからだ。(神奈川には基地が多い)

もう、ズダボロもいいところなんだよ。でも、それにはワケがある。日本に駐在している期間が短い人が多いから、買ったとしても数万円の中古車なんだ。そんなクルマを手入れしてもしょうがないから、とんでもなくキタナイ車に乗っているらしい。

実は、本国でアメリカ人が洗車にかけているお金は年間ウン兆円の単位で、確実に日本より多いんだって。だから、このアンケートの中間結果を見てもあまり驚かない。だいたい、釣り人はクルマを汚くしに行くのが趣味だからね。サンプルが悪すぎたようだ。

ちなみに、日本で最初のコイン洗車場ができたのは北海道旭川市らしい。そして、日本製コイン洗車機を作っているメーカーは北海道と長野にあるということだ。つまり、コイン洗車機の需要が多い所は路面凍結防止剤をよく使う雪国なんだな。おそらくコイン洗車機を最も頻繁に使っている県民は、長野県民か新潟県民だろうという話だった。

しかし、雪国以外の人は、あまり必要に迫られないので、景気が良かった頃より洗車のペースが確実に落ちているようだ。その原因は、何と言っても車の買い換えペースが落ちたことだろう。みんな新車のうちは頻繁にクルマを洗うけど、2年も経つとツキイチがいいところになるらしい。「洗車って何?」なんて言ってる人もいるし・・・。

バーゲンセール目当てで隣の県までドライブしたり、たとえ50キロ離れたところでも、旨いラーメン屋があると聞くと、居ても立ってもいられなくなる人ほど洗車に無頓着。さらにそれが釣り人の場合は、クルマの汚れを勲章と勘違いしてるみたい。アタシの車も、ついこのあいだまでクリーム色だったからね。(本当はピュアホワイトだった)

てへっ (`⊥´)ゞ