漁師と戦争

イラク攻撃は必要悪?

2003年4月3日

漁師さんとイラク問題について話してみました。

「今よー、GPS が無茶苦茶正確なんだよ」

「アメリカが戦争やってるから?」

「おうよ。いつもは30メーターぐらい誤差があんのによー、今はたったの5センチだよ、5センチ!」

「えー、そうなんだ。でも、誤爆があるみたいじゃん」

「そりゃー、不良品も中にはあんべよ。古いのから片付けてんだからよぉ」

「在庫一掃ってこと?」

「古い爆弾を貯めてっから景気が良くなんねんだおー。だから、古いのは全部イラクで使っちめーば、いーんだって」

「イラクも、たまらんなぁー」

「だけどよー、これからイラクに入る第4師団っつーのはスンゲェーらしいぞ。今度こそホンチャンのハイテク軍団だから、百発百中だべ」

「でも、人間の盾が・・・」

「そんなもん、死ぬの覚悟でやってんだから面倒見切れねーべ。素直に逃げりゃ、いーんだよ」

「でも、フセインが捕まらないと戦争は終わらないでしょ」

「ギリギリまで追いつめれば、裏切るヤツが必ず出てくるんだって」

「そうかなぁ?」

「おうよ、ぜってー裏切りモンが出てくるに決まってんよ。ケンカなんてそんなモンよ」

「で?」

「イラクの復興に金を出せば、日本もイラクの石油を買えるようになるべ? そうすりゃー、石油の値段が全体的に安くなるべよ」

「なるほどね」

「1年半ぐらい我慢すりゃー、景気が良くなるさ。だから戦争も、ときには必要悪っつーワケよ。今のまんまじゃ悪くなる一方だべ?」

「うーん・・・、確かにね」

「日本はうまくやってんだよ。血は流さねー、アメリカで日本製品のボイコットは起きねー、その上イラクの石油まで手に入って、北朝鮮にも睨みを利かせられるんだからよぉ。アメリカのやりたいように、やらせておきゃー、いーんだって」

「でもなぁ、金だけ出して、どうたらこうたらって必ず言われるでしょ」

漁夫の利ってヤツよ。言いたいヤツには言わせておきゃー、いーんだって。ブッシュは次の選挙で落ちるけどよぉ、それでいーんだよ。資本主義なんだから。金さえ回ればな」

ということで、漁師的に考えるとイラク攻撃は必要悪ってことになるんだな。人間の盾になってる人達は、今すぐに逃げた方が良さそうだね。ブッシュの考えは漁師と変わらんよ。