レーザー光線撃っちゃいました

ロックオン、パシッ!

2003年4月17日

今日、レーザー光線を撃っちゃいました。凄いんですよこれが。1台600万円もする光線銃なんです。

「どうぞ、撃ってみてください」

「えっ、イーンデスか?」 (`ё´)

「どうぞ、どうぞ」

「どうやればイーンデスか?」

「まず、スコープを覗いて、照準を定めます。照準が合うと目標がクリアに見えてきますよ」

「どうやってピントを合わせるのかな?」

「ジョイスティックを前後させて合わせるんです」

「あっ、キレイに見えた!」

「ピタリと照準が合っていれば、針先ほどのピンポイントを狙えます」

光線銃自体は持てるような代物じゃないから動きません。しかし、スコープを覗きながら、光源をジョイスティックで微妙に動かせるんです。ほんとにミクロン単位で・・・

「目標捕捉、ロックオン!」

“パシッ!”

引き金は右足のペダルです。ジョイスティックのボタンで撃ってもいいと思うんだけど、ジョイスティックは、あくまでも狙いを定めるだけみたい。2発撃ってみましたが、1発は照準がピタリと合っていなかったので、的がうっすら茶色くなっただけでした。

でも、もう1発は完璧に的をとらえたので、紙が黒く焼け焦げました。

「えっ、どこに当たったの?」 (`ё´)

的の紙を外してみましたが、どこに当たったのか見当もつきません。それほど小さな範囲しか焦げていないようです。

「これは、どんな場合に使うんですか?」

「網膜裂孔が広がらないように、網膜が剥がれたところの周りを撃って、防波堤のような物を作るんだよ。それ以上広がらないようにね。その他に緑内障の治療にも使うんだ」

「へぇー、痛いでしょうねぇー」 (>_<)

「いや、ちょっとツンとくるぐらいで、針で刺されたような痛みはないよ。今のレーザーは良くなってるから」

ということで、今日は眼科医院でのお仕事でした。チャンチャン!

レーザー治療