市議会議員定数

基準はないのかな?

2003年4月21日

アタシの住んでいる伊勢原市の人口は10万人。市議会議員の定数は、な・な・なんと24! 今回の立候補者は26人なので、ほとんど当選である。「どーれーにーしーよーかな。神様の言うとーり」で選んで投票した場合、落選する確率はわずか7.7%。こんなにオイシイ市議会が他にあるだろうか? いくら給料をもらえるのか知らないが、アタシも次回は立候補しちゃおうか?

試しに検索で他の市と比べてみよう。

人口

伊勢原市:10万人 茅ヶ崎市:22.5万人 平塚市:25.5万人

相模原市:60.5万人 横浜市:350万人

市議会議員定数

伊勢原市24人 茅ヶ崎市30人 平塚市34人

相模原市46人 横浜市92人

議員一人あたりの人口

伊勢原:茅ヶ崎:平塚:相模原:横浜

=4,166:7,500:7500:13,152:38,043

=1:1.8:1.8:3.2:9.1

どうして伊勢原市みたいにちっぽけな町に24人も市議会議員が必要なのだろう? 仕事量が議員一人あたりの人口に比例するなら、伊勢原市議会は天国である。どうやら、市議会議員の定数は人口に関係ないらしい。