燃焼系?

アミノ式ダイエットは可能か

2003年4月23日

このあいだ高知でジギングをしたとき、4人中3人がコンビニでアミノ式を買ってきた。弁当の時間に、みんなで顔を見合わせてしまったのだが・・・

♪燃焼系 燃焼系 アーミノ式♪

♪こんな運動 しーなくても♪

♪燃焼系 ホッホッホッ アーミノ式♪

アミノ式のコマーシャルソングは「特別な運動をしなくても、アミノ式を飲めば、体脂肪が燃焼しやすくなってダイエット効果がある」ととれる。ここでちょっと疑問が湧いてきたな。

  1. あんなポカリスエットみたいなジュースにそんなに素晴らしい効果があるのだろうか?
  2. ハッキリ効果があると謳っていないからセーフなのだろうか?
  3. 効果があるとしたら、どれぐらいの効果なのだろう?

「アミノ式」というネーミングも意味深だ。「なになに式」とくれば「ダイエット」でしょ。試しに「式」+「ダイエット」で検索してみよう。

おーっと、初っぱなにドクター中松式ダイエットが出てきたぞ。また、どうせクダラナイんだろーなー。それではまず、その他の有名人式を並べてみようか。「鈴木その子式」、「クボタ式耳つぼダイエット」、「斉藤こずえ式」、「たかの友梨式」、「マッハ式」(マッハ文朱)・・・

次に国や地域で並べるよ。「英国式」、「アメリカ式」、「インド式」、「中国式」、「デンマーク式」、「地中海式」、「ギリシャ式」・・・

さらに変わり種を並べよう。「ボクサー式」、「三和銀行式」おいおい、なんだそれ? 結局、何をやってもダメな人がいるから、これだけの種類があるんじゃないの?

それでは、本題のアミノ式を見てみよう。

今までのダイエットは、まず「食べる量を減らす」あるいは、「食事の質を変える」ことに主眼が置かれていた。しかし、一時的に食事制限をしても脂肪が燃えにくい体質の人は、リバウンドで元の木阿弥になってしまう。

その一方で、人一倍食べるのに太らない人がいる。いったいなぜだろう? そんなに激しい運動をしている彼や彼女を見たことはない。車にたとえると同じ道を同じように走っているのに、なぜか彼や彼女の車の方が倍もガソリンを食っている。そうか、つまり燃費の悪い体質になればいいんだ。

いろいろ調べてわかったのだが、アミノ酸のダイエット効果には、以下の3つがあるらしい。

  1. 体脂肪を分解し、より多くの脂肪を燃焼させる
  2. 脳を活性化し気分を明るくして、ダイエットのストレスを低減させる
  3. 水分代謝を良くして、水太りを防止する

では、アミノ式に入っている5つのアミノ酸とその働きは?

  1. リジン:代表的な必須アミノ酸。パン食・米食で不足しがち。
  2. アスパラギン酸:エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸のひとつ。
  3. アルギニン:血管を広げて血液を通りやすくする。カラダの余分なアンモニアを除去するのに有用。免疫能を高める。
  4. グルタミン酸:エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸のひとつ。運動時の疲労回復を促進する。
  5. プロリン:コラーゲンの原料となるアミノ酸の一つ。カラダのエネルギー源としても利用されやすいアミノ酸。

アミノ式で実験したわけではないが、アミノ酸(スポーツ選手用)を飲んで30分後に軽いジョギングを始めると、運動開始直後から脂肪が燃焼し始めた。一方、飲まない場合は、ジョギング開始後20分経過してから、やっと脂肪が燃焼し始めた。・・・という記事を見つけた。

しかし、「アミノ酸を飲んで、いつも通りウダウダしているだけで痩せた」という記事はどこにもなかった。だから過大な期待は禁物だろう。アミノ酸飲料は、オイシイかマズイかだけで選べば十分だと思う。結局、運動しなきゃ痩せないダイエット法なのだ。

なーんだ、ツマンネー!

頼れるダイエット・スピードボディー

運動しないで食べちゃう人はココへ