白装束の迷惑集団パナウェーブ研究所

クルクル教の正体は?

2003年5月1日

タマちゃんが神出鬼没の行動を繰り返している現在、テレビや新聞の記者はヒマをもてあまして岐阜県の山中に大移動しているらしい。白装束に白い車。ワゴン車の窓には渦巻き状の変な模様が描かれたシールがペタペタ。ご丁寧にワイパーまで白く塗りつぶしている。

白装束の妙な連中のことは、岐阜県に住む釣り仲間から3月に聞いていた。

3月2日

九頭竜ダムにて初キャスト

去年末からオウムらしき団体が九頭竜ダム近辺に出没しているらしいとの噂は聞いていた。実際、大谷すじに車を止めて釣りの準備をしていたら、白く塗りたくった車のうしろに「ストーカー追跡中」と書いたワンボックスカーが止まって、中から白衣を着た兄ちゃんが話しかけてきた。「対岸で電磁波の実験をしています。できるだけ早く立ち去ってください」だと。

うーん、胡散臭い。気分悪い。

チラシまで置いていった。パナウェーブ研究所だとさ。「私達はオウムではありません」とも書いてある。ますます怪しい。同様に白く塗った車が常に3台パトロール?をしているようだ。対岸に渡る橋の手前でとうせんぼしているのもいる。

まわりの噂では、獅子撃ちに入った猟師が「お金を払うからこちらに入らないでほしい」と言われたとか、近所のスーパーマーケットにくず野菜をもらいに来たとか,道の駅に夜中にバスでやって来たとか。兎に角白衣を着ているからよく目立つ。これから春になると山菜取りがやってくるからトラブル多発だろうな。

えっ,釣りですか? ライズも気配もアタリもなし。

電磁波で魚が驚いてしまったのだろうか? まったく迷惑な話である。魚が狂ったようにルアーを追う怪電波でも出してくれれば話は別だが・・・

そこで早速、パナウェーブ研究所を検索してみるが、問題のページは既に閉じられているようだ。しかし、Google にはキャッシュ(過去に収集したページの写し)が残っている。リンクこそ辿れないが、中身はほとんど読むことができた。そこに並ぶ何やら恐ろしげな単語を並べてみよう。

マインド・コントロール、不可視兵器、「日本発/地球壊滅」、スカラー電磁波、テスラー波、地球環境破壊・・・

何のことか良くわからんが、白装束達は「電磁波攻撃を受けている」と被害者の立場を主張しているらしい。では、いったい「電磁波の実験」とは何なのだろう? オウムにそっくりじゃないか。それとも、ただの被害妄想狂なのだろうか?

ここで電磁波評論家を名乗ってテレビに自分を売り込めば、しばらくガッポガッポと稼げるかもしれない。・・・てなことを考えてるアタシ。

(`⊥´)ゞ

それにしてもマスコミは、あまりにも不安を煽りすぎる。相手はただでさえ被害妄想だから、刺激しすぎると怪電波の餌食になるかもしれないぞ。レポーター諸君も、なるべく白っぽい服装に着替えた方がイイだろう。そうすれば、少しは怪電波をはね返してくれるかもしれない。(人のふり見て我がふり直せ?)

とにかくもう、まともな答えなんか、どうせ返ってきやしないんだから、無駄なインタビューはやめよう。