日本のネット社会-2

杭打ち人を返り討ちにする方法

2/5ページ:最初のページ

2003年6月2日

ここで、また返信を書いた。

Tomy です。(`⊥´)/

漁協が X 湖の釣りを管理しているのでしょうか? それとも電源開発がボート釣りを禁止しているの? その辺のことがよくわからないので、なんとも・・・

> しかし、X 湖が垂涎の的とは大げさな。

それは大袈裟ですね。東京の人は中禅寺湖や芦ノ湖などに行くだろうから、わざわざ山深い湖に通ったりしないですよ。行けば必ず大物が釣れるようなことは書いてないじゃないですか。

アタシの判断基準は、こうです。

●ボート釣りが禁止されている(罰則を伴う、あるいは漁協の入漁証に書いてある)→書くのをやめ、他の釣り方にする。

●ホームページで X 湖のトローリングを紹介しても、マイナス面の方が大きいと判断。→書くのをやめる。

●何のためにホームページを書いているのかをもう一度見直す。メールアドレスも掲示板もホームページにない。その場合、良い友達が見つる可能性は低い。でも、今回のように、友人のページを通じてでも苦情を言ってくる人間はいる。→ X 湖のことは書いても得しないと判断する。他にも書くことはいっぱいある。

既に何人か仲間がいるワケだから、それでいいんじゃないの? 地元のためになるならやる意味があるけど、ボート屋があるワケじゃなし、地元も積極的に釣り場を PR しようとしてないわけですよね。

このメールに対して、A さんからの返信。

>漁協が X 湖の釣りを管理しているのでしょうか? それとも電源開発がボート釣りを禁止しているの? その辺のことがよくわからないので、なんとも・・・

船舶免許を取るときに教習の先生(ボート屋のおやじ)に聞いたのですが,基本的にどの湖でもボートを乗り入れる権利は誰もがある,というのです。それを聞いたから免許を取る気になったんですから。

ただしダムの放水口や,ダムサイトなど危険防止のため立ち入り禁止区域はあります。(これはダムの持ち主である電源開発が決めている事だと思います)

釣りに関しては○漁協が管理しており,この漁協は▲県の漁協と違い,トローリングを禁止しているわけではありませんし,ダム湖での釣りも禁止されているわけではありません。

ただボートでの遭難(その後の救助活動)を危惧して,湖での水遊び(水泳,ボートなど)は危険なのでやめましょうといった看板は出ています。遭難後の地元警察,消防団らの救援活動や,その後の世間から非難を浴びそうな電源開発,漁協の事を考えると仕方ないかなとも思います。

以上まとめると禁止する法律も条例も無いが,やってほしくないということだと思います。これは X 湖で会った他のトローラー数人も同様のことを言ってました(地元警察と談判したとか,漁協に電話で確認したとか)から、そんなに間違ってはいないと思います。ダム湖というのは、ほとんど湖面が切り立った絶壁で、たやすく上陸できるポイントも少ないですし,携帯電話が届かないエリアが多いし,林道も通ってなく、陸から救助に行けないところもありますから危険が伴います。

>●何のためにホームページを書いているのかをもう一度見直す。メールアドレスも掲示板もホームページにない。その場合、良い友人が見つる可能性は低い。でも、今回のように、友人のページを通じてでも苦情を言ってくる人間はいる。→ X 湖のことは書いても得しないと判断する。他にも書くことはいっぱいある。

> 既に何人か仲間がいるワケだから、それでいいんじゃないの? 地元のためになるならやる意味があるけど、ボート屋があるワケじゃなし、地元も積極的に釣り場を PR しようとしてないわけですよね。

そうですね。今までも釣り仲間にはメールで釣果の報告をしてましたから,今後はそれだけにしようと思います。

さて、どうする?

いつもなら明快な答えを出すアタシだが、ちょっと今回の問題は難しい。とにかく、ホームページを作る意味をもう一度考えることからはじめるべきだろう。X 湖でトローリングをする仲間を増やしたいなら続けるべきだ。しかし、湖が混み合って、いいことがない場合は注意が必要。トローリングを迷惑だと思う人間がいる場合も書かない方がいいだろう。

でも、感動は残しておきたい。ならば、X 湖の釣行紀をメンバーズオンリーにしてしまえばいい。

言論の自由って?

他人の名誉をウソで傷つけたり、道徳に反するもの以外、書いただけで罰せられることはない。ただ、自分が書いたネタが原因で、事故が起こったり、トラブルが起こりそうな場合は慎重に。

でもね、当たり障りのないネタなんて、まったく面白くないんだよ。突っ込んだり、パロったりできる文章ほど面白いんだ。だから、アタシの場合、かなり肯定的に書く。反対意見がありそうでも気にしない。ディベートで負ける気はしないから強気で書く。

ピッチャーが何と言ってもいちばんエライのだ。「外野はすっ込んでろ!」ってことよ。言いたいことは自分のページに書く。これが基本。だから、A さんが、どうしても X 湖のレイクトローリングをページに書きたいなら、外野に遠慮しないでドンドン書けばいい。その場合、安全面のことも、ちゃんと書かなきゃいけないけどね。山深い湖だから・・・

やっぱし、メールを送ってきたヤツは了見が狭いよ。「釣り場が荒れる」ってのは間違いじゃないが、A さんの情報によって幸せになる人間もいるんだ。「それ行くぞ!」って遠くから押しかけて、釣り場を荒らしていく人間ばかりじゃない。遠い山奥の湖に思いを馳せるだけで楽しんでいる人もいるし、A さんと交流を持ちたいと思う人だっているだろう。

どんなに丁寧な言葉を使っても、結局言ってることは、「俺の釣り場のことを書くな」ってことでしょ。そんなのエゴイズムだよ。自分が黙ってればいいだけのことじゃないか。

どうも、日本ではインターネットの「負」の部分ばかり目立つような気がするんだ。ほんの一握りのバカのために、多くの人にとって有益なページさえ叩かれる。日本の諺の中でいちばんキライなのは「出る杭は打たれる」だね。この諺は日本人の「負」の部分を象徴していると思う。

目立っていいんだよ。目立つぐらいじゃなきゃ、ページを書いてる意味なんかないジャン! そういう心意気だけは大切に。今回の問題については、ハッキリ答えを出せないが、アタシの場合、一人や二人から苦情のメールが来ても絶対めげないね。おそらく、そのウン10倍、ウン百倍の人を幸せにしてると思うから。

それから、ページを置くサーバーだけど、アクセス解析だけは、ちゃんとできるサーバーにした方がいいよ。喜びやお礼のメールってのは、経験上ほとんど来ないんだ。だけど、苦情のメールは、面倒でも書くから不思議。今回の場合も、わざわざ釣友のページを通じて苦情を言ってきたわでしょ。

そんなもんなんだって。実は苦情のウン10倍、ウン百倍も誰かを幸せにしてるのに、書いている本人がそれに気付かないだけなのさ。だから、どんな風に読まれているかを確認するために、アクセス解析だけは欠かせないんだ。今回のようなことをアタシが言われたら、「30万人にひとりぐらい、あなたのような意見を言う人もいますけどね・・・」と軽くあしらっちゃうだろうな。

でさ、そう返されたら相手は2ちゃんねるで暴れるしかないワケよ。まあ、そういうわけなんだ。日本人の「負」の部分ってヤツは。目立てば必ず「杭打ち人」が来るの。そんなヤツはインターネットの発展を妨げるゴミでしかないんだけどね。

苦情のメールを送ってきたヤツのページを見てみたが、特に目新しい内容はなかった。ページ作成技術もシロウトだし、この程度のページしか書いてなくて、人のページにちょっかい出すなんて不届き者だよ・・・、アタシに言わせれば。

こんなヤツの言いなりになるなんて、アタシだったら絶対イヤだね。逆に猛然と書きたくなるだろう。バンバン書きな。相手の地元なら話は別だが、A さんの方が地元民ダカンネ。強気、強気!

そのかわり、釣れなかったときほど面白く書くんだよ。釣れた日は数を間引いて、ちょろっと書くだけ。これまでの書き方に多少問題があったのかもしれない。釣れない日のことも書かないと、いつも釣れてるみたいでしょ。そんな甘いもんじゃないってことを書かなきゃ。

それと、釣り場より A さんという人物に興味を抱かせるような内容にした方がいい。自己主張だよ、自己主張! イヤなら読まなきゃいいだけのことだから、思いっきり書いちゃえ。

追補:その後確認してみたが、A さんは釣れなかった日のこともちゃんと書いていた。