タマちゃんを放置する会-2

引っ越し後の続報

2003年6月11日

今日はタマちゃんが横浜市西区の帷子川から姿を消したあとの消息を追ってみよう。

4/20

タマちゃんらしきアザラシが埼玉県の中川で見つかった。(どうせタマちゃんだろうと思った)

タマちゃんを放置する会としては、行く先々で名前を変えるのが方針である。これは、タマちゃんが行く先々の住民から可愛がられることを願うからだ。よって、この日から「中ちゃん」に決定!

4/21

タマちゃんを見守る会の会長が、中川でタマちゃんを確認。(いちいち確認せんでもいい。もうすでに中ちゃんなんだから・・・)

4/22

埼玉県知事「県民を代表してタマちゃんを歓迎」と述べる。(ここで『転居届って誰が出すの?』という疑問が出てきたが、一時的な旅行かもしれないので、転居届の件は保留)

5/4

荒川(朝霞市)に現れたタマちゃんの顔に釣り針が刺さっていた。(タマちゃんを放置する会の会長は、即座に「朝ちゃん」と改名)

5/7

タマちゃんのことを想う会が帷子川で「タマちゃん捕獲訓練」を実施。(放置!)

5/8

白装束団体幹部がタマちゃん捕獲資金を提供していたことが明らかに。(報道関係の人、ごくろう!)

5/11

タマちゃんに刺さっていた釣り針が外れた。(タマちゃんを放置する会は何もしてません。朝ちゃんが自力で抜いたと思われます)

6/5

朝ちゃんの優しい家主さん、ボートの船検を遅らせることを発表。(エライッ!)

6/11

午前中、毛が生え替わってキレイになった朝ちゃんが、お気に入りのボートに寝そべっていた。

続報があったら、また書きます。タマちゃんを放置する会-1(新たな会派誕生!)3/17

掲示板