スパイ・ゾルゲ

映画の感想

2003年6月18日

正味3時間18分、日本映画としては珍しく金がかかっていて、総額20億円ぐらい使ったそうだ。第二次世界大戦前後の日本を知るには、とても良い映画だと思う。ただし、映画館で3時間18分も見続けるのはちょっとシンドイ。

いいところ

物足りないところ

この映画を観て、今の世界情勢を考えると

北朝鮮は、かなりヤバイ状態。何とかなだめて早くオモチャを取り上げないとスイッチが入ってしまいそう。真綿で首を絞めるようなアメリカの経済制裁は戦争を誘発する。このまま経済制裁が続けば、まず日本にテポドンが飛んできて、その後アメリカが圧倒的な強さで北朝鮮を制圧するというシナリオができあがっているのかも・・・。

「歴史は繰り返す」という言葉がホントなら、真珠湾攻撃の代わりになるのは東京にテポドンでしょ。

国際スパイ・ゾルゲ