Bフレッツ導入

ADSL モデムが故障

話はちょっと前にさかのぼって、ADSL モデムが壊れたところからはじまる。今現在、まだ B フレッツは開通していないが、経験者として開通までの道のりを書いておこう。

6月16日(月)

土曜の夜から ADSL モデムの調子が悪かった。しばらく電源を切って休ませると、数分間は繋がるようになるのだが、モデムが熱くなると再び回線がダウンしてしまうのだ。今日、サポートに電話して、あれこれ手を尽くしてみたが、やはり設定や局側の問題ではなく、モデムの故障らしい。

故障から2日目、ようやくモデムの故障であることを確認

仕方なく ADSL 1.5メガから12メガへコース変更することにした。今後、少なくとも1週間はダイアルアップでの接続が続くだろう。2年ぶりにダイアルアップしてみたが・・・

遅い!

ちなみに、故障したモデムは2年間、ほとんどつけっぱなしだった。多分、使いすぎで、どこかのトランジスタがいかれたのだろう。このモデムは買い取りだったし、保証期間も過ぎているから、このまま ADSL 1.5メガを続けるなら、モデムを買い替えるしかない。

みなさんが使っている ADSL モデムも、いずれは故障するだろう。レンタルにするか買い取りにするかで迷うと思うが、つけっぱなしにすると約2年で壊れると予想すればいいんじゃないかな。1年以内に壊れることは稀だろうが、3年以上保つという保証はない。

6月20日(金)

ADSL モデムが壊れて我が家は一大事。現在、ダイアルアップで接続中。月曜から今日まで、プロバイダーのサポートデスクに何回電話しただろう? なぜかと言うと・・・

まずアタシは ADSL 1.5メガを12メガに変更しようとした。そうすれば自動的に新しいモデムが手に入るからだ。ところが、地元局内の設備が足りないということで、ADSL 12メガへのコース変更は翌日断られちゃったワケよ。

仕方ない。今、プロバイダーごと変える気はないから、12メガは諦めるしかない。So-net のサポートデスクが月とすれば、Yahoo BB なんてスッポンでしょ。So-net は困った時、ホントに頼れる。サポートデスクの電話は、いつでもすぐに繋がるからね。

次にどうしたかというと、今度はサポートデスクの指示通り、1.5メガの ADSL モデムを探しに行った。5,000円ぐらいなら買っちゃおうと思ったのだ。しかし、ないんだね、これが。ルーターはたくさんあるけど、ADSL モデムはフレッツ ADSL 用しか置いてないの。ノジマとヤマダに行ったけど、どちらの店にも置いてなかった。

その後、NEC から直送という方法を見つけたが、値段は約1万5千円。ここで、高々 600kbps しか出ない ADSL に、このまますがるのもツマランなぁと思った。うちは電話局から約4キロも離れているから、1.5メガでは、これが限界なのだ。

ISDN から ADSL に換えたときは十分だと思ったけど

そこで、Bフレッツという選択になった。ちょっと高いけどね。アタシの場合、巨大なサイトをやっているし、複数の人間でサイトを更新しているから、サーバーとローカルディスクの同期を取るのが大変なんだ。回線が速くないと、仕事に差し支えるワケ。

それに、ADSL だと速いのは下りだけ。上りは最大で1メガしか出ないでしょ。見るだけじゃなくて、ムービーをアップロードすることがあるから、非対称の ADSL より光の方がいいに決まってる。必ず元は取れるだろう。映画の予告編もサクサク見られるし、いいんでない?

So-net の場合、現在Bフレッツ乗り換えキャンペーン中だから、接続料金が6ヶ月間無料になるらしい。(2,000円×6ヶ月。ただし、NTT に払うBフレッツ料金は課金される)

今、プロバイダーはどこも、値引き合戦状態だよね。7月から24メガ、あるいは26メガという新方式の ADSL が引けるようになるでしょ。でも、局から遠くて ADSL に満足できない人は今が光への乗り換えチャンスかもしれない。Bフレッツの工事費が今なら半額らしいのだ。(「ご好評につき」ってやつで、ずぅーっとになるかもしれないが・・・)

6月27日(金)

So-net への申し込みから1週間後。ようやく電話工事会社から連絡があった。工事日は、最も早くて7月17日木曜日になるらしい。ということは、申し込みから1ヶ月弱というい状態である。

工事費はキャンペーン期間中ということで、平日13,550円。その他に局内工事費が数百円かかるということなので14,000円ぐらいかな。

待てよ、それまでの間はダイアルアップだから、3分8.5円かかるんだよね。ADSL モデムが無駄になると思って1万5千円ほどケチったけど、3分8.5円で何時間ダイアルアップ接続できるか計算してみよう。

うーむ、1万5千円で88時間ぐらいか。…ということは、Bフレッツになるまで約1ヶ月かかるんだから、1日3時間以内じゃないと、モデムを新規に買うより高くついちゃうぞ。マイラインプラスにして35%割引にしないと大変だ!

さて、

それでは、Bフレッツになったら何をするかを考えてみよう。

iSight で、テレビ電話なんてどうかな? これを入れるとBフレッツの料金さえ払っていればダダでテレビ電話ができる。もちろん音声チャットもできるから、IP 電話なんていらねーぞ。距離も関係ないし。

ZAKZAK 6/27

国内のブロードバンド加入件数が5月末時点で1000万件を突破したことが27日、総務省のまとめで明らかになった。世界1位はアメリカの1735万件(昨年12月現在)、2位は韓国の1087万件(今年3月現在)。日本は件数で韓国に並ぶ勢いだが、普及率は韓国(約7割)に及んでいない。

こうなったら日本は光ファイバーの普及で世界をリードした方が良さそうだ。定額でテレビ電話が使えるようになれば、オフィスに出勤しなくても仕事ができるようになる。郊外に住んで、通勤時間を家庭菜園の手入れや堤防の小物釣りに当てれば、家計も助かるぜ。

光ファイバーが各家庭に入れば、やがて日本はペーパーレスの世の中になっていくだろう。ビジネス関係の移動もだんだん減っていく。そうすると、ゴミの量が減って、二酸化炭素の排出量も激減だ。大都市に住む理由はほとんどなくなって、自然に人口が分散していくだろうね。