スヌースを買ってみた

節税効果あり

2003年7月3日

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)のたばこ事業等分科会は1日、肺がんなど喫煙が健康に及ぼす影響を警告する「注意書き」を、たばこの包装の正面と背面それぞれに3割以上の面積で掲載するよう義務付けることを決めた。

こんなことをしても愛煙家はお構いなしだよね。それより痛いのは、なんたってタバコの値上げだよ。そこで6月30日から喫煙パターンを変えることにしたのだが、キセルで刻みタバコを吸うと、かなり節約になることがわかった。

10g入りの小粋を吸い始めて丸3日経ったが、まだ1/3ぐらい残っている。ということは、7箱あれば1ヶ月保つということだろう。今までマイルドセブン・ライトを月に30箱から35箱ぐらい吸っていたので、毎月タバコ代に消えていたお金は約8,000円。このままマイルドセブン・ライトを吸い続ければ、毎月9,000円使うことになるが、これを家にいるときだけでも刻みタバコに換えれば相当な節約になりそうだ。

しかし、外出時にキセルと刻みタバコを持ち歩くのは面倒である。そこで、スヌースというスウェーデン生まれのタバコを買いに行った。

スヌース

左から General Mini(0.5g×20包)
CATCH DRY LICORICE(0.3g×20包)
CATCH DRY EUCALYPTUS(0.3g×20包)

これは、小さなティーバッグみたいな袋に香り付きのタバコが少量入っているスウェーデン独特のタバコだ。

WET & DRY

左がウェットタイプ、右がドライタイプ
(クリックで9倍に拡大)

これを上唇と歯茎の間に挟んで、染み出してくるニコチンを長時間かけて口内粘膜で吸収するのである。では早速、使用感を報告しよう。

まず、最初に口に入れたのは0.5gの General だった。これはウェットタイプなので、口に入れた瞬間から味が出てくる。ちょっとライチに似た甘い香りが口の中に広がって、味はまあまあ。3銘柄の中では、喉への刺激が一番キツイ。そして、唾液を飲み込むと胃にかなりの刺激が来た。胃が弱い人は、ムカムカするからやめた方がイイだろう。

1g入り24包(800円)の General もあるが、1gだと相当効くはずである。ニコレットの2mgよりキツイのは間違いない。0.5gでもニコレットより効くからね。1日にタバコを2箱以上吸っている人以外は、0.5gで十分だ。

次に、LICORICE を試してみた。これは、北欧の甘草らしいのだが、シラカバの皮のようなニオイがする。味はちょっと苦くて美味しくないが、量が少ないのであまり気にならない。

もうひとつ、EUCALYPTUS を試してみたが、これは歯茎に当てた瞬間、ちょっとヒヤリとする。最初はスッとして気持ち良さそうなのだが、味は3銘柄の中で一番苦い。これはダメだ。食べ物の味が変わるほどの苦さである。

うーん、どうだろう。これは体に合わない人がいると思うな。まず、胃が弱い人はやめた方がイイ。口内炎になったり、胃がムカムカしたり、食べ物が美味しくなくなったりするだろう。だから、禁煙の会議とか、飛行機や電車での移動中に限定使用してみよう。もし、胃がムカムカしたり、ニコチンを吸収しすぎて心臓がドキドキしたら、すぐに吐き出すように。

それでは最後に、3日間で消費したタバコの量を報告しよう。

マイルドセブン・ライト5本、「小粋」約2/3パッケージ、スヌース3包。ということで、全部合わせて300円程度。1日あたり100円程度ということになる。

煙の出ないたばこ(楽天市場)

煙の出ないたばこ SNUS

スヌースを通販で買いたいなら、このショップにいろいろ揃ってるよ。ヘビースモーカーには、最初 WET タイプがオススメで、徐々にニコチンの量を減らしていくとき DRY タイプに切り替えるといいみたい。アタシのオススメは、WET タイプなら General Mini 10g。DRY タイプなら Catch Dry Lychee 6g。この2点なら味は間違いない。喫煙歴30年のアタシはそう思う。