寒い夏

夏物が買いってことよ

2003年8月14日

とても盆休みとは思えない気温である。おそらく避暑に行った人達は高原で震えているだろう。アタシャ渋滞がキライだから家にいるのだが、半袖、半ズボンでは寒いぐらいだ。そう言えば、「節電」という言葉をこのごろ聞かなくなった。

午後、スーパーへ買い物に行ったら、スイカがたくさん売れ残っていた。今日は10月上旬の気温ということだから、アイス屋も閑古鳥が鳴くほどヒマだろう。ここで思い出したが、閑古鳥ってのはカッコウのことだ。高原など人の少ないところで鳴く鳥だから閑古鳥ってワケ。

10年前の冷夏はみんなも思い出せるだろう。米の不作でタイ米が緊急輸入されたから。でも、翌年は一転して猛暑だったらしい。下のページを読んでみるといいよ。

http://wp.cao.go.jp/zenbun/seikatsu/wp-pl94/wp-pl94-02104.html

エアコンが激安だから買い替えるなら今年かも。今年はスイスで40度を記録するなんて異常気象になっているでしょ。だからきっと来年は猛暑になると思うんだ。食べ物は腐るから買い置きできないが、夏物衣料やエアコンは買っても損しないだろう。

ところで、タバコ値上げから1ヶ月半経ったので、その後の節煙状況がどうなっているかを発表してみたい。まず、6月までどれぐらい吸っていたかというと、MILD SEVEN LIGHT を月に35箱ほど吸っていた。ということは、1ヶ月半で50箱ってことかな。

270円×50=13.500円

では、実際にどれだけ消費したか。

1. MILD SEVEN LIGHT を3箱。

270円×3箱=810円(これは離脱用。現在、紙巻きタバコは吸ってない)

2. 家にいるときは小粋。現在7箱目。(だいたい1箱の消費に1週間かかる)

320円×7=2,240円

小粋

3. 煙管が1,200円、ラウを掃除する道具が250円。消費税を入れて1,520円

4. 外出時にスヌースを3箱。(スヌースについての詳しい説明は→リビングショップ安藤

700円×3=2,100円。

スヌース

左から、General MINI, CATCH DRY Licorice, CATCH DRY Eucalyptus.

ここまで消費したタバコの合計金額は6,670円。ということで、金額的には半分以下になった。今後はどうするかというと、小粋も思い切ってやめて全部スヌースに切り替えていくつもり。なんたってこのスヌースは煙も出なければ、ゴミもほとんど出ない。口をモゴモゴ動かす必要もないからオフィスで仕事をしているときでもニコチンを切らすことがないのだ。

スヌース

左から、TRE ANKARE MINI, CATCH DRY LYCHEE, General MINI

で、こちらは今回買い足したスヌース。上の3種類の中では General MINI が一番気に入っているのだが、まだ他にもいい味のスヌースがあるかもしれないと思って2種類新しいのを買ってみた。じゃあここで味と効き目の印象を書いてみようか。

WET TYPE 0.5g

General MINI:最も香りがよく、すぐに味が出る。これならかなりのヘビースモーカーも難なくスヌースに切り替えられるだろう。ただし、弱いタバコを吸っていた人には少々キツイかもしれない。

TRE ANKARE MINI:General ほど味も香りもなく、ややマイルド。General を試したあとでは物足りないが、弱いタバコを吸っていた人にはこれがいいかも。

0.5gの持続時間は3〜4時間。

DRY TYPE 0.3g

CATCH DRY Licorice:シラカバのオガ屑みたいな味。北欧の人には馴染みの味らしいが・・・

CATCH DRY Eucalyptus:ユーカリ油が入ってるので、スッとするが一番苦い。

CATCH DRY Lychee:ライチの味と香り。CATCH DRY の中ではこれがオススメかな。

0.3gの持続時間は2〜3時間。WET TYPE と比べると遅効性でマイルド。

ということで、スヌースを試すなら General MINI と CATCH DRY Lychee がオススメ。1ヶ月分は4箱ほどで足りると思う。タバコを吸い続けていた人が急にタバコをやめると眠くてたまらないのだが、スヌースを口に入れていれば絶対そんなことはなく、ニコチンの刺激がノドに来るから、禁断症状も全くない。あとは煙の視覚的な癒しを忘れれば完全に切り替えられると思う。タバコ特集ですでに書いたが、ニコレットより絶対いい。

煙の出ないたばこ SNUS