久米宏降板

古舘伊知郎のNステ

2003年9月7日

テレ朝の看板番組ニュースステーションは18年も続いている長寿番組だ。番組開始からの平均視聴率は14.4%。最近は巨人阪神戦でも15%台だから、この視聴率は素晴らしい。

Video Research

ビデオリサーチでニュースステーションより視聴率が高い長寿番組を探してみると・・・民放では「サザエさん」「笑点」「笑っていいとも!」の3番組しかなかった。このうち「サザエさん」と「笑点」は週一回の放送だから、ニュースステーションより強い長寿番組というと、「笑っていいとも!」だけ。だから、久米宏のギャラが年間5億円と聞いても、まったく驚かない。それどころか巨人の清原が4億5千万円もらっていることを考えれば、安すぎるとさえ思えてくる。

では、何が問題なのかというと、久米宏のマネージメントをしているオフィス・トゥー・ワンが、あまりにもテレ朝で幅を利かせすぎたってことじゃないだろうか。久米宏がニュースステーションを降板することになって初めて知ったのだが、ニュースステーションはテレ朝がオフィス・トゥー・ワンに製作を委託している番組だったのだ。

週刊ポスト

久米宏「Nステ」降板の真相はギャラ60億円リストラ(9/12号の見出し)

この見出しがホントだとすれば、テレ朝はオフィス・トゥー・ワンに年間60億円も支払っていることになる。オフィス・トゥー・ワンは、【ビートたけしのTVタックル】など、ニュースステーション以外の番組も製作しているので、ニュースステーションだけで60億円じゃないかもしれないけどね。おそらくテレ朝は、看板番組を作ってもらっている負い目があるから、オフィス・トゥー・ワンに色々と高い買い物をさせられているのだろう。

さて…、キャスターが古舘伊知郎に代わったらアナタはニュースステーションを見るだろうか? BIGLOBE ニュースにアンケートがあったので覗いてみた。

このアンケートでは「視聴率が下がるだろう」が6割を越えているが、たぶんアタシは古舘伊知郎の番組を見ると思うな。なぜなら夜の10時台って、どうせテレビに集中している時間じゃないからだ。アタシの場合、夜の10時台にドラマなどの続き物は絶対見ない。10時台は、面白い映画でもやってない限り、いつもネットサーフィンしながらニュースステーションでネタ探しをしている。

そんなアタシにとって、久米宏のニュース解説や、ひとりごとみたいなコメントは重要じゃなかった。元々テレビに集中してないから、ニュースを「賑やかに」「わかりやすく」ショーアップしてくれさえすればいいのだ。

戦争やテロ、災害のニュースなら NHK のニュースがいい。だけど、政界スキャンダル、選挙戦、スポーツニュース、お天気、芸能界の話題などはショーアップされていた方が面白いだろう。古舘伊知郎が何をやってくれるか、今から楽しみだ。

最終回へ(2004年3月26日)