日本人は、なぜ長寿なのか

ネットサーフィンでハンガリーの旅

2003年9月21日

今回はアタシのネットサーフィンを紹介したい。テーマは『日本人は、なぜ長寿なのか』

まずアタシは、先進30カ国のデータランキングを開いてみた。みなさんも下のページを別ウィンドーで開いてほしい。ここが出発点になる。

経済・社会データランキング 日本

このページによると、日本人の平均余命は、男も女も第一位になっている。まあ、ここまでは誰でも知っていることだろう。今さら驚くことじゃない。

『じゃあ、平均余命が短い国の事情を探れば、日本の良さが際立って見えてくるのではないか?』

アタシはそう考えて、平均余命(男性)のランキングをクリックしてみた。すると、最下位はハンガリーと出た。(女性はトルコが最下位)

じゃあ、次はハンガリーのデータを見てみよう。

経済・社会データランキング ハンガリー

死亡率(人口1,000人当たり) 13.09 ランク: 1位(日本 8.53 ランク:22位

人口増加率 -0.30% ランク:30位(日本 0.15% ランク:21位

※わかったこと:すでにハンガリーでは人口減少がはじまっているが、日本ももうすぐ減少に転じる。

ハンガリー人はどんな病気で死ぬの?

がんによる死亡者数(人口10万人当たり) 219.4 ランク: 1位(日本 125.4 ランク:23位

循環器系疾病による死亡者数(人口10万人当たり) 439.1 ランク: 1位(日本 122.9 ランク:26位 データがある国の中で最低)

心臓病による死亡者数(人口10万人当たり) 192.1 ランク: 2位(日本 30.0 ランク:26位 データがある国の中で最低)

脳血管系疾患による死亡者数(人口10万人当たり) 115.6 ランク: 2位(日本 56.7 ランク:8位 , 最低はフランスの33.1

消化器系疾患による死亡者数(人口10万人当たり) 76.1 ランク: 1位(日本 56.7 ランク:20位 , 最低はアイスランドの11.3

※わかったこと:ハンガリー人は、体に悪い食べ物を好んで食べているに違いない。

ハンガリー人の食生活って?

野菜の1人当たり年間供給量(kg) 110.8 ランク:14位(日本 110.5 ランク:15位

果物(ワインに使用される分を除く)の1人当たり年間供給量(kg) 62.4 ランク:27位(日本 53.4 ランク:30位

スパイスの1人当たり年間供給量(kg) 5.5 ランク: 1位(日本 1.1 ランク:2位

タマゴの1人当たり年間供給量(kg) 16.8 ランク: 3位(日本 19.4 ランク:1位

日常喫煙者の人口に対する割合 30.1% ランク:11位(日本 34.3 ランク:3位

※わかったこと:ここまでのところハンガリー人と日本人の差はあまり見られない。ちなみに、ハンガリー人が好むスパイスはパプリカで、ハンガリーの料理は総じて赤っぽい。(βカロチンは、癌の予防に効果がないばかりか、摂りすぎれば毒になるらしい)

それから、ハンガリーには喫煙に関する法律がないから大人も子どももバンバン煙草を吸っているそうだ。(やはり子供の頃から喫煙していると良くないらしい)

ハンガリー政府観光局 ハンガリーの食文化

日本人と決定的に違う食習慣は?

動物性脂肪の1人当たり年間供給量(kg) 26.8 ランク: 2位(日本 1.7 ランク:29位 データがある国の中で最低)

魚介類の1人当たり年間供給量(kg) 4.4 ランク:30位(日本 63.9 ランク:3位

その他、砂糖、アルコール飲料、肉類の供給量が約2倍。

※わかったこと:ハンガリー人は「ダイエット」にほとんど関心がない。逆に日本人は神経質すぎるくらい関心を持っている。

ハンガリー人の社会

結婚100カップル当たりの離婚の数 57 ランク: 4位(日本 31 ランク:19位

10代の出産 26.5 ランク: 5位(日本 4.6 ランク:27位

※わかったこと:ハンガリーの離婚率は驚くほど高いが、日本も負けてない。韓国人はマスコミに『日本人の性は非常に乱れている』と思いこまされているようだが、世界レベルで見たら大した差はないようだ。10代の出産が先進30カ国中最低だったのは、確かに韓国だが、日本の数字もそれに次いで低かった。

ハンガリーの消費税率 25.00% ランク: 1位(日本 5.0% ランク:30位

※わかったこと:消費税25%なんて国があるんだ。「へぇー」×3。日本の消費税率って、先進30カ国中最低なんだ。「へぇー」×2。

人口10万人あたりの囚人の数 132 ランク: 5位(日本 37 ランク:28位 データがある国の中で最低)

※わかったこと:やはり日本は治安の良さが飛び抜けている。ちなみにお隣の韓国はこのランキング4位で、重大な犯罪がとても多い。

人口10万人当たりの自殺者の数 32.6 ランク: 1位(日本 25.1 ランク:2位

※わかったこと:自殺者の割合は、ハンガリーと日本がワンツーフィニッシュ。しかし、自殺者数が世界一多いのは文句なしに中国だ。ちなみに中国の自殺者は、人口10万人当たり14人×13億人と計算すると、18万2千人にもなる。日本の年間自殺者数3万人も異常だが、中国はケタ違いのナンバーワン。

ハンガリー生活辞典(これは面白いので必見!)

上のページにハンガリーで自殺がなぜ多いのか書いてあった。

「山も谷もない大平原に住んでいるハンガリー人はその変化のなさに絶望を感じ自殺するのだろう」

しかし、日本には山も海も谷もある。この推論は矛盾してるね。ハンガリーは、まったく海に面してない内陸国だから日本と地勢的な共通点は少ない。やはり社会的な要因か文化の問題だろう。

ハンガリーの病院には自殺科がある

ハンガリーの医療

ハンガリーは共産主義の名残で医療関係者の給料が非常に安く、コネがないとまともに看てもらえない。それにインフレ率が高いので、高齢者の生活が苦しいのだろう。高齢者ほど自殺率が高いようだ。

日本の場合、若年者の自殺と中高年の自殺が多いが、年金制度が崩壊すれば、もっと高齢者の自殺者が増えるだろう。日本の高齢者は恵まれている方だ。

ネットサーフィンはまだまだ続く

実はこのあと丸一日ネットサーフィンをしたんだな。行ったこともないハンガリーについて小一時間語れるぐらいハンガリー漬けだよ。もちろん、先進国の中で自殺者の少ない国についても『なんでだろう、なんでだろう?』とさんざん調べた。ポルトガルやギリシャなども。

その結果考えたことは、何かに興味を持って追求しているうちは「死ねない!」ってことだった。興味の対象なんてなんでもいい。ひとりでやり抜けることならなんでもね。あとは、社会のために何かしてるという意識を持つこと。

だから、「一生続けられることを持つのが当たり前」って文化を持つ国は自殺者が少ない。老人が社会参加できる環境づくりも大切だろう。ただ長生きしたって仕方ない。税金が高くなるだけだから。

ハンガリー・ガイドブック ハンガリー・ガイドブック