ジョニー・イングリッシュ

陰陽師2の感想

2003年10月6日

きのうファミ・コン言葉の話をしたが、まさかこのページを読んでいる人の中に「○○円からお預かりします」とか「○○でよろしかったでしょうか」なんて言ってる人はいないでしょうね。ん?「さすがにそれは言わない」って? それは良かった。しかし、自分じゃ言わないまでも『違和感はない』と思っているそこのアナタ。やっぱり人種が違いますぞ。

いやね、去年からアタシは新作映画の感想を書いているんだけれども、その評価を他人と比べてみると、明らかに人種が違う人間がいるんだよね。同じ日本人の中にも。

もちろん、自分と正反対の評価をする人がいてもかまわないんだ。アタシがクソ呼ばわりした映画に A 評価を付ける人がいたって驚かない。そんなのは単に人種が違うだけだから、よくあることさ。日本人は単一民族ということになっているけれども、実はかなりいろいろ混じっているんだな。

さて、今日は2本の新作を見たのだが、まずは【ジョニー・イングリッシュ】の感想から行こう。この映画はおそらくギャグ満載で面白かろうと期待して行った。でも、期待したほどじゃなかったんだ。

NHK の BS を見ている人なら【Mr. ビーン】を見たことがあるだろう。Mr. ビーンのローワン・アトキンソンは、ほとんどしゃべらない。しゃべるとしても一言か擬音ばかりで、あとはパントマイムと小道具で笑わせる。

ところが【ジョニー・イングリッシュ】のローワン・アトキンソンは、かなりしゃべるんだよ。この人はしゃべらない方が面白いんじゃないかな。たぶん、007のセリフをパロってたんだろう。だけど、パロディーってのはオリジナルを知らないと元も子もないわけで、日本人はこの映画を見てもイギリス人の半分も笑ってないんじゃなかろうか?

試しにアタシが笑ったシーンを数えてみたら・・・

オービスのシーンで「タハッ!」
いもしない相手との格闘をパントマイムで見せるシーンで「ヌハハハハ・・・」
回転寿司のシーンで「ククク・・・」
墓場のシーンで「フッ!」
「ブラッディー・マリーをウォッカ抜きで」で「フッ!」(ブラッディー・マリーのウォッカ抜きは、ただのトマトジュースだ)
自白剤のシーンで「テヘッ!」

ということで6回ほどだった。アタシの後ろで見ていた男性はアタシの倍ぐらい笑ってたけどね。あとのシーンは先読みできちゃったよ。ブラッディー・マリーと回転寿司のシーン以外はセリフがなくてもわかるギャグだったな。ということは、もっともっと言葉のギャグが多かったんじゃないだろうか。日本人にはわかりづらいパロディーが多かったと思うよ。

だから、この映画の評価は「おヒマなら」あるいは「レンタル待ちでオッケー」の C。女王や大司教を茶化すところも日本人にはその面白さが100%伝わってこない。あと、もうひとつ感想を言うなら、画面からニオイが出なくて助かった。レンタルで見るなら、食事中はよした方がイイよ。

ジョニー・イングリッシュ

ジョニー・イングリッシュ(DVD)

じゃあ、次に【陰陽師2】の感想だ。

まず、伊藤英明。もうちょっと笛を吹く演技を練習しろよ。アタシャこういう下手クソな演技が大キライだぞ。笛の名手のくせに笛の持ち方も、指使いも、唇の形も満足にできてないじゃないか。ちょっとした努力でできることをやらないから頭に来る。もっと役者魂を見せろ!(アタシャ学生時代にピッコロを4年ぐらい吹いてたから厳しいぜ)

次にアクションだが、STAR CHANNEL で【陰陽師】を観たから比較してみると、ちゃちなワイヤーアクションを減らしたのが良かった。地割れや爆発は相変わらずちゃちだけどね。もうちょっとCGに重厚感を出してくれよ。

しかし、何と言ってもこの映画の見どころは安倍清明(実在した陰陽師)なのだ。野村萬斎は自信たっぷりで頼もしく、中性的でありながら低音の魅力が妖しく、踊りも立ち居振る舞いも雅(みやび)を感じさせてくれた。衣装もイイ。「封印解除」・・・こういう呪文もカッコイイ! この映画は狂言師、野村萬斎のためにあると言っても過言じゃないだろう。野村萬斎の演技をウットリ眺められる人は、粗をある程度許せると思う。

ああ、それからこの物語には大和族と出雲族の抗争が描かれているんだ。最初にも書いたが、単一民族ということになっている日本人も、実はかなりいろいろ混じっているということさ。その辺のことに想いを馳せることができたので、アタシャけっこう満足だ。

ファミ・コン言葉に違和感がない人は、いにしえの世で我が先祖が使っていた言葉だから、違和感がないのだろう。きっとそうに違いない。【陰陽師2】を観てアタシはそう確信した!

最後に評価。万人にオススメできるほどではないが、野村萬斎の演技を楽しめる人は観て損しないはずだ。伊藤英明の笛を吹く演技がダメダメなので、アタシの評価は B- だけどね。(横笛を吹いたことがある人は、あの演技を許せないと思う)

陰陽師2