視聴率操作問題

結論はこれだ!

2003年10月27日

日テレの番組プロデューサーがビデオリサーチ社のピープルメーター(視聴率を調べる機械)が設置されている家庭を買収していたらしい。

疑問1

関東でピープルメーターが設置されている600世帯のうち4軒を買収したことになっている。視聴率にすると1%にもならない。高々視聴率1%のために少なくとも150万円使ったようだが、そんなこと番組プロデューサーが自分のポケットマネーでやるだろうか?

疑問2

設置家庭はビデオリサーチ社が「乱数表」を使って選んでいると言うが、興信所はどうやって設置家庭を知ることができたのだろう? ビデオリサーチ社の人間が買収されたのではないだろうか? ビデオリサーチ社のクルマが尾行されたことになってるが・・・

疑問3

テレビに機械をつけるだけで月5万円はおいしすぎる。ビデオリサーチ社のコネで設置家庭を選んでいるのではないか? ビデオリサーチ社の秘密管理がずさんなのではないだろうか?

結論

アタシは口が堅いので、お願いだからピープルメーター付けてー! それで一件落着といきましょー。

実は最初からこれが結論なのよね。(`⊥´)ゞ