MATRIX REVOLUTIONS

サヨナラ NEO

2003年11月6日

11月5日、日本時間23:00、MATRIX REVOLUTION 世界同時上映開始。アタシは eiga.com「レボリューションズ」鑑賞直前「リローデッド」のココを復習しておくを読んでから家を出ることにした。もう、これを読んだら居ても立ってもいられなくなったのだ。

アタシャこれから26:00の回を観に行こうと思っている。つまり、午前2時の回である。朝までに感想を書けるかな? 書き方としては【キルビル】でやったような書き方にしてみようか。

アタシは第2作の RELOADED は観たけど、第1作は観てない。だから・・・「はじまりを観ていない者に、終わりなどない!」

うん、これでよし。じゃあ、行ってきます。

(`⊥´)/

今帰ってきた。午前5時を少し回ったところである。まだ観てない人が多いので非常に感想を書きにくい。どう書いていいのか、とても迷っている。観る人によって感想は様々だろう。しかし、全世界の期待は、あまりにも大きすぎたような気がする。

そう! 結末はオール・オア・ナッシングしか有り得なかったのだ。

家に帰ったら「ら!」さんの感想が書き込まれていた。

映画通の「ら!」さんのコメント

23時の世界同時公開みて、雨の中さっきかえってきましたが・・・・。やっぱ1,2をちゃんと見て、人間関係とかその役割とか見てないと分んなくなるかも?

(^_^;)

あと、DVDで出てるアニマトリクス見て、なんで人間と機械がこういう関係になったかってアニメ見とけば3のラストも納得いくかも?

終映してエレベーターの前で「わけわかんなくて、退屈で眠かった。なに言ってんだか理解出来ねぇー」とか話してるヤツラいましたよ。まあちょっと飛躍した内容ですからねぇ。でも結論は意外と有りがちなかんじかもね。

(^_^;)

今度庄治郎にヤリイカでもやりにいこうと思ってますよ。

まず予告編にあったシーンを整理してみよう

良くも悪くも、2時間はアッという間に過ぎ去った。湯水のごとく VFX に注ぎ込んだ金。たった1秒間の 3D 画像をレンダリングするのにどれだけの金がかかっているのか?・・・まるで見当がつかない。その額、なんと1億1000万ドル。世の中の誰も見たことのない世界で繰り広げられる死闘だ。それが起こっている空間が現実なのかバーチャルなのかすらわからない。

MATRIX はすべて幻想だったのかもしれない。結末はオール・オア・ナッシングだったのだ。愛も、死も超越した、限りなく無に近く、それでいて限りなく宇宙的な広がりを持った世界だったのだ。

最後に一言。「はじまりを観ていない者に、終わりなどない!」。しかし、これを観れば、イカなんていくら釣っても無尽蔵だと思えてくるだろう。資源保護もクソもない。ただただ撃ちまくって食いまくるのみ。それが日本人の心意気。

『なんのこっちゃワカラン』という人は素直に観に行けばいい。

MATRIX REVOLUTIONS(ネタバレありの感想)コチラは映画を観てからご覧ください。

MATRIX(DVD)