恵比寿と海老名

SKY WALK と ViNA WALK

2003年11月20日

18日に恵比寿ガーデンプレイスへ行った。恵比寿と言えばビール工場と思いこんでいたが、そんなのは「今は昔の話」である。そこにあったビール工場は今から15年も前に千葉県の船橋市へ引っ越したそうだ。

アタシは1980年の2月まで東京に住んでいたが、その頃は恵比寿にサッポロビールの工場があった。だから、今でもうずたかく積まれたビールケースの山が印象に残っている。確か貨物列車も見たな。おそらくその頃はビール瓶の回収や出荷に貨物列車を使っていたんだろう。今と違って加熱処理したビールだったからね。昔は恵比寿駅周辺でビールの匂いを嗅ぐこともできたんだ。

で、そのビール工場跡地が恵比寿ガーデンプレイスになったのだが・・・、今はサッポロビールの本社とガーデンプレイスタワー(38F)、三越、ビアステーション恵比寿などがあって、とても整備が行き届いた美しい街になっている。

駅からガーデンプレイスまでは、動く歩道「スカイウォーク」が400m設置されているので、ほとんど歩かなくても5分ほどで到着。スカイウォークを歩けば、倍速歩行になるから3分ほどで到着だ。1980年にこんな街を誰が想像しただろう。恵比寿は山手線の駅の中でも特に激変した駅だと思う。行ってホントに驚いた。

話は変わるが、うちの近所では海老名駅周辺が激変した。こちらは「エビナ」の「ビナ」をとって ViNA WALK と名付けられているんだが、人口11万か12万の地方都市なのに、シネコンが2つもあり、合計17スクリーンを持つ「映画の街」として売り出し中だ。

恵比寿ほどじゃないが、海老名の発展もめざましい。海老名の強みは小田急線、相鉄線、相模線の3鉄道が合流する交通の要衝ということなんだが、元は野原だったから駅周辺に開発の余地が十分にあった。(ドデカイ立体駐車場があって週末でもクルマで楽々アクセス)

一方、先に県央の中心地として栄えた本厚木駅周辺はゴミゴミして開発の余地が少なかった。駅周辺にはタワーパーキングしかないし、タクシーの待機場所が狭いから客待ちのタクシーがいつも駅周辺に溢れている。おまけに変な三角地帯や狭い道があって交通の邪魔!

ということで、特に夕方や週末は本厚木駅周辺に車でアクセスするのが大変だ。映画館なんか厚木市の人でさえ海老名に行っちゃうほど道が混んでいる。だから海老名市に購買意欲のある若い人を取られてるんだよね。

だいたい人がお金をパァーッと使いたくなる時間帯って夕方でしょ。それが厚木市の大問題ってワケ。道が混んでるから、週末の買い物や遊びも本厚木に行かなくなって久しい。今さらどうにもならんと思うけど・・・