サプリメントとしてのウコン

胡散臭いの意味

2003年12月5日

今日は頼まれ仕事でクロネコに行った。クロネコはお歳暮シーズンで物凄く忙しそうだった。よし! 今日はクロネコのことを調べてみよう。「クロネコ」+「お歳暮」でエイッ!

すると、Top に表示されたのはクロネコ探検隊というページだった。ここで「贈りたい物」や「価格帯」などを打ち込んで検索ボタンを押すと、クロネコがお届けしてくれる店を見つけられるらしい。

じゃあ「神奈川県」でやってみよう。あらら、たった11店しか出てこないじゃん。まだ始まったばかりなのかな? 芋焼酎はどうだろう? どれどれ、九州から鹿児島県を選んでみよう。検索ジャンルは「飲む」だ。

おっ! 屋久島物産展なんてのがある。ちょっとのぞいてみるかな。ありゃりゃ、「飲む」がテーマだから芋焼酎かと思ったらウコンのことか。なんか体にいいことばかり書いてあるなぁー。胡散臭いぞー。「ピロリ菌を抑制するため、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガン予防などに効果があります」なんて書いてある。

ところで、「胡散臭い」とはどういう意味だろう? 胡散という香辛料があるのかな? それとも漢方薬だろうか? ひょっとしたらウコンの別名かもしれない。

胡散(うさん)

うーん、このページ面白いけど、これだけじゃ不十分だ。言葉の意味を調べてみよう。

※胡散臭い(形)=見た様子がなんとなく怪しくて油断できない。疑わしい。

※胡散(形動)=怪しいさま。不審なさま。

ということで、「胡散」は名詞じゃないんだね。現代では「胡散臭い」という形容詞だけが残って「胡散なり」とか「胡散げ」といった形容動詞としての「胡散」は死語になっているらしい。「胡散」という香辛料や漢方薬が存在するワケじゃなかったのだ。

じゃあ、ウコンってどんな植物だろう。花は咲くのかな?

ウコン(ショウガ科)

ウコン(バラ科)

なんだ、単に「ウコン」というと、まったく違う2種類の植物を指すのか。じゃあ、春ウコンと秋ウコンって何だろう?

オザキ長生薬草・ハーブ研究所・ウコン・クルクミン

ありゃま、ショウガ科のウコン属だけで50種類もあるの? このページを読むとウコンだけでどんな病気も寄せつけない体になっちゃいそうだね。でもさぁ、ウコンって英語だとターメリックでしょ。ターメリックってカレーの主原料じゃない。毎日カレーを食べるインド人が健康で長生きって話は聞いたことがないんだけど、どうなのよ?

「ウコンってなんだろう?」

そうか、カレーに入ってるターメリックは薬効より黄色色素(ウコン)としての意味合いが強い秋ウコンなんだね。薬効が強いのは春ウコン(キヨウオウ)と紫ウコン(ガジュツ)なんだ。

ウコンってホントに効くの?

そう言えば、某船宿の専務はいつもウコン茶をペットボトルに入れて持ち歩いている。ウコン茶の他にプロポリスとかいうサプリメントも続けているので、ウコンだけの効果じゃないかもしれないが、2年間飲み続けたら花粉症が軽くなったと言ってたな。お酒も相当飲むようだけど、元気ハツラツだし・・・

ということは、肝機能の改善とアレルギー体質の改善には効果がありそうだ。しかし、某船宿の専務を知る人なら、ウコンが「毛髪力」と無関係だということも同時に認識できるだろう。

他の人のウコン体験談も聞いてみたいね。じゃあ、「ウコン」+「健康になった」で検索してみよう。

なんでモアール

4人家族で1年中ウコンを食べたい方にはプランター5ヶ用意してもらう。この5個のプランターで約20kのウコンがとれる。

おお! これなら団地のベランダでもウコンの栽培ができそうだ。生ジュースにしたら効き目バツグンかも・・・

ウコン・体験談コーナー

もう、これでもかってぐらいの賛辞が寄せられてるね。かえって疑いたくなるぐらいだ。どこを探しても出てこないのは「薄毛」の改善ぐらいじゃないかな。こんなに体にイイ物が、なんで特定保健用食品にならないのだろう?

特定保健用食品の表示許可品目一覧

特定保健用食品というのは、食品としての安全性はもちろん、効果についても厚生労働省の厳しい審査をクリアしなきゃならない。だから申請に1億円ぐらいかかるらしいんだな。今まで許可された製品を見ると、どんな人が食べても毒にならないようなものばかりだ。ということは、ウコンには禁忌があるのかもしれない。早速「ウコン」+「副作用」を調べてみよう。

いろいろ調べた結果、腎臓の悪い人と妊婦は飲んじゃいけないみたいだが、それ以外の人は飲んでも大丈夫らしい。これから忘年会シーズンだし、アタシもサプリメントとしてウコンを飲んでみようかな。

その後、このコラムをキッカケにアタシは屋久島へ飛んだ!