1、2、3、ダァー!

大晦日は格闘技

2003年12月31日

紅白歌合戦は趣味じゃないので8時まででしゅーりょー。(後藤真希の服をはぎ取るシーンはちょっとドキッとしたけど)さあ、大晦日の夜は猪木ボンバイエ

1、2、3、ダァー!

ちなみに「ダァー」とは、トルコ語で「山」、ロシア語で「YES」、ペルシャ語では「10」のこと。(きのうはイランのことを調べていたのダァー!)ついでに書いておくが「ボンバイエ」はアフリカの言葉らしい。

さあ、第一試合がはじまった。これはギャンブル狂いで借金ダルマの安田とレネ・ローゼの対戦。もしこの試合に安田が勝てばギャンブルで作った莫大な借金がチャラ。しかし、負ければ自己破産という崖っぷちらしい。リングサイドには安田の娘も来て応援している。(奥さんは逃げたらしい)

『こりゃー、負けられないっしょ!』

ところが・・・、試合開始直後に馬乗りになられた安田は、あっけなくボコボコの刑。なんと53秒でTKOされてしまった。

『やっぱ一攫千金ばかり夢見てちゃダメだわ』

これは良い教訓になった。2004年は地道にいこう! その後、ツマラナイ対戦が続いたので K-1 にチャンネルチェンジ。今夜は野獣(ビースト)、ボブ・サップと元横綱の曙が対戦するらしい。

『どう考えてもボブ・サップのKO勝ちでしょ』

『サップのローキックで呆気なくダウンじゃねーの?』

曙、予定通りKO負け(akebono.swf)

トレーニングの甲斐あってか、曙は2分ほど立っていられた。しかし、所詮は金ほしさの急造 K-1 戦士。パンチなんかノロノロでシロウトでもよけられそうだ。そして1ラウンド終了間際、曙は予定通りガマガエルのようにマットにのびたのだった。

あーあ、スカッとしたんだか、スッキリしないんだか、よくわかんねー。来年こそは、もうちょっと高尚な番組を見よう! 年末はあまりにもクダラナイ番組を見過ぎた。