一富士二鷹三茄子

変な初夢の分析

2004年1月5日

車が一台やっと通れる狭い道。アタシは右から緑色のデリカ・スターワゴンに乗って登場した。しかし、現実の世界で自分の車は緑色のデリカ・スターワゴンではなく、ときどき白いレガシー・セダンである。(いつもは猫の足跡マークがついた薄汚れ)

左から来た車が譲らないので、アタシは仕方なく待避所で左から来た車をやり過ごした。しかし、左から来る車は途切れず、あとからあとから止め処なくやってくる。

仕方なくアタシはクルマの流れに乗って右へ進んだ。そして脇道に入り、峠越えで左に進もうとする。坂道はどんどん狭くなり、左右のブロック塀にクルマをこすりそうだ。なぜ夢の中にブロック塀が出てくるかは謎だが、この光景は横浜市戸塚区あたりに似ていた。

現実では有り得ないのだが、ここでアタシは車の屋根に上って運転している。ハンドルを遠隔操作しながら、左右のブロック塀に車をこすらないよう、細心の注意を払いながらノロノロと車を進めていくのである。

そして、とうとう峠に出た。アタシはそこで一休みしようと車の屋根から飛び降りる。すると、デリカ・スターワゴンは気球のようにゆっくりと上昇をはじめ、あれよあれよと言う間に雲間に消えていった。

そこでアタシはつぶやく。

「天高く クルマ消える 秋・・・」

く・くだらねー! しかし、よくよく考えると、これと似た夢を過去に何度も見ている。おそらくこれは、深層心理と関係があるのだろう。デリカ・スターワゴンは世の中をやや見下して突き進む自分の姿。そう言えば10トントラックほどではないが、常に少し世の中を見下して走っているような気がする。『こいつら何てバカなんだろう』と思いつつ。

仕方なく道を譲り、流れに逆らわずに右へ進むのは自分の性格だ。あくまでも我を押し通そうとはない。待つことは大の苦手。でも、自分の進みたい方向に進む方法は常に模索している。上へ上へ、人が通りたがらない危険な道を選ぶのも性格に似通っている。そして、なぜか坂道を下る夢は見ない。坂道を下ろうとすると、夢が終わったり、乗り物が消えてしまうのである。

富士も鷹も茄子も登場しない初夢。果たしてこれでいいのだろうか?「一富士 二鷹 三茄子」とは、そもそもどういう意味なのだろうか? ちょっと検索してみよう。有力な説を箇条書きしてみる。

  1. 茄子は昔、非常に高価だったため、富士と鷹と茄子という「高いもの」を揃えた夢は縁起が良いとされた。
  2. 最も良い夢が富士山で、ついで鷹、茄子となる。つまり、縁起の良い夢の順位を表しているという説。「一富士」は末広がりなことから様々な点での繁栄を、「ニ鷹」は鷹が空高く舞い上がることから機運上昇を意味し、「三茄子」の「茄子」は「成す」につながり祈願成就を意味する。
  3. 本来は駿河の国の諺で、駿河の名物を順に挙げたもの。駿河の国の高いものを順に挙げたもので、一に富士、二に足高山、三に初茄子の値段のこととし、徳川家康が言いだした。

ということで、坂道を上って峠を目指したのは、まあまあ縁起の良いことかもしれない。富士は見えなかったが上昇機運なのかも。それから、ブロック塀は周りからの圧力を意味しているのだろう。それを慎重にかいくぐっていく姿は、いかにも自分らしいと思えた。

戦車で邪魔物を薙ぎ倒すほどのパワーはない。でも、なんとかコソコソと降りかかる火の粉を除けていく。高いところが好きで、展望台や小高い山を見つけると、どんどん登ってしまう。登り切ったらあとは降りるしかないのだが、降りることなど考えてない。

そして、高いところに登ったら必ず一休みする。いつもならここで次の目的地を探すのだが、今回は乗り物が飛んで行ってしまった。『さあ、どうする?』という場面で夢が終わったのは、現実を暗示しているような・・・

開運グッズ 占い用品

開運グッズ 占い用品