なんが釣れゆう?

福岡県のエギング

2004年1月28日

漁魔は福岡県に遠征して、ある堤防でエギングをはじめた。堤防には色の浅黒いオッチャンがひとりいて、のんびり浮き釣りを楽しんでいるようだった。

「なんが釣れゆう?」

「いやぁー、なんも。昔はバリ釣れたんやけどねー。こん前なダメばい」

“ビシュ ビシュッ”

「ノリーッシュ!」 <二:彡へ(`⊥´)v

「すごかー、一発やね」

「モイカ釣りは初っぱなの一投が勝負ながです」

「上手やね」

「ところで、何を狙っちゅうが?」

コショウダイたい」

“ビシュ ビシュッ”

「ノリーッシュ!」 <二:彡へ(`⊥´)v

「すごかー、二杯連発ばい!」

「モイカは一杯釣れりゃー、必ずそばにもう一杯おるきね」

「ほー!」

「ところで、コショウダイいうがは、どれっぱぁの大きさなが?」

「だいぶ昔やけど、60センチを釣ったばい」(ホントは41センチだった)

「そいつは太いにゃー。魚拓は取ってあるが?」

「エロ拓ならやっつけたばってん、今は弁護士に預けてありますけん」

「はぁ?」(`ё´)

「昔はウマクラの太かやつも釣れたばい」

「ウマヅラかー。太いのがは肝あえにするとマイウーですにゃあ」

「こいではクスラとも言うとよ」

CSULA? ほりゃあ聞いた覚えがないのー」

「一般に通りがよかは、やっぱウマクラやろかねぇ。略して UCLA

「ところで、餌はなんね?」

ホラ、これに限るとよ!」

「ほー! そりゃ釣れそうやねー」

「私、テニスもうまかっちゃんですばい」

「ほーけ、ほんならまた」(`⊥´)/~

「えっ、もう行くと?」

「二杯釣れりゃあ十分やきね」

漁魔は帰り際にオッチャンが座っているクーラーを見た。クーラーには「KOGA」と書いてあった。『全国の古賀さんも大変よのー』と思った。