ニューオーリンズ・トライアル

陪審員制度がわかる映画

1/2(全2ページ)

2004年2月4日

レイトショーで【ニューオーリンズ・トライアル】(原題:RUNAWAY JURY)を観てきた。JURY(ジューリー)とは陪審員のことで、トライアルは裁判のことだ。じゃあ、RUNAWAY JURY って、いったいどういう意味なんだろう? 直訳すると「逃亡した陪審員」になるけど・・・

それでは、この映画の面白いところを紹介しよう。

  1. アメリカの陪審員制度について知識を深められる。日本人にもちゃんとわかる構成が素晴らしい。しかも、説明っぽくて興醒めするようなシーンがまったくないのだ。これは陪審員制度について何も知らない人ほど興味津々の内容だろう。この映画はアメリカ以外の映画ファンを十分意識して作り込まれている。
  2. ジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンの二人が助演にまわる豪華キャスト。
  3. 主役のジョン・キューザックもかなり人気のある二枚目俳優で、去年の10月に公開された【アイデンティティー】でも主役だった。(アイデンティティーはかなり面白かったので、アタシの 評価は B+ だった)
  4. 最後まで謎の陪審員(ジョン・キューザック)の正体はわからず、判決もどちらに転ぶかわからない。全体の構成やテンポが良いので最後までワクワクする。

ということで、この映画はかなり面白かった。日本でも「裁判員制度」導入が議論されているので、この映画は観て損のない映画と言えるだろう。アタシは今までまったく「裁判員制度」に興味を持っていなかったが、この映画を観たせいで興味が湧いてきた。

じゃあ、この映画に描かれてた陪審員制度について、まずは見たままを報告しよう。アメリカでは州によって法律が違うので、これはルイジアナ州の場合である。

映画を見終わってから知ったこと

この話、ちょっと長いな。日本が導入するかもしれない「裁判員制度」については次ページで書くことにしよう。