暴利じゃなくて棒利です

サンリオ・ピューロランド

2004年2月7日

大学時代からの友人、ピラニアのところへ遊びに行った。ピラニアは今どき珍しい三人姉妹の父親で、子供たちをときどきサンリオ・ピューロランドという遊園地に連れて行く。

「子供を三人も連れて行ったら金がかかってしょーがねーな」

「もう大変だよ。一万円がアッという間」

「どれどれ、インターネットで調べてみよう。入場料はいくらだ?」

入場券(ご入場と各種無料のショーをお楽しみいただけます)

大人(18才以上)3,000円

中人(12-17才)2,700円

小人(4-11才)2,000円

「一番下のチビはタダだけど、入場料だけで一万円だよ」

「しょえー! 乗り物だの食事だのを入れたら一万五千円だな」

「それだけならまだいいんだよ。無料のショーってのがクセモノなんだ」

「えー? 何か売りつけられるの?」

「そーなんだよ。キティーちゃんやシナモンが舞台で悪者にいじめられるんだよ」

「えっ?」

(`ё´)

「そうすっとさ、アナウンサーのオネーサンが言うわけ。『おねがーい! みんなー、光る棒でキティーちゃんたちを応援してあげてー!』って」

「光る棒?」

サイリュームライト[ケミカルライト]6インチ

サイリュームライト

「なんかさー、パキッと折ると光るライトがあるじゃん。あれだよ」

「あー、ケミカルライトね」

「あれを会場で売り始めるんだよ。一本500円で」

「高いなー! でも、別にそんなの買わなくたっていいじゃん」

「そんなわけにいくかよ。『おねがーい! みんなー、光る棒でキティーちゃんたちを応援してあげてー! そうしないとキティーちゃんたちがヤラレちゃーう!』ってオネーサンが言うんだぞ。舞台ではキティーちゃんたちがボコボコにされて、子供に助けを求めてるし・・・」

「ハハハ・・・おもしれーじゃん。キティーちゃんたちが袋叩きになるところを是非見てみたいね」

「子供たちはそんなこと考えないでしょ。『パパーッ! キティーちゃんがヤラレちゃうよー。早く買ってぇー』って騒ぎだすんだぞ。買わないわけにいかないじゃん。買わなかったら親のメンツ丸つぶれだよ」

「それで500円イタダキってわけか。実は無料じゃねーんだ。そりゃ詐欺みてーだなー」

「だ・か・ら・さー、今度行くときはダイソーで100円の光る棒を買っていくよ。ダイソーなら三本で100円だから」

「なるほどー、準備がいいな。オマエもそーゆー情報をホームページに書けばいい。そうすりゃ、サンリオ・ピューロランドに子供を連れて行く親が『チェッ、やられた』って思わなくて済むじゃん。そーゆーのが『有益な情報』っていうんだぞ」

どこが有益な情報なんだか・・・

そこで我々は再びサンリオ・ピューロランドのページを見はじめた。

「おいっ! 光るペンダントで応援するって書いてあるぜ」

「なにっ! 棒じゃなくなったの?」

棒利を見破られたから新しいのを考えたんだよ」

「そうかなぁー、その光るペンダントっていくらするんだ?」

ペットブリンカーズ

光るペンダント

「楽天で1,260円ってことは、会場では2,000円ぐらいかな」

「まったくもぉー! サンリオのやつ、商売がうまいなー!」

ヾ(`Д´)ノ

みなさん、そういうときは釣具屋に行ってケミホタルを買いましょう。その場限りの子供だましなら、安いケミホタルで十分。でも、光るペンダントは電池式だから夜のウォーキングに便利かもね。これは話題の「青色発光ダイオード」だよ。