レジェンド・オブ・メキシコ

たまには大人の漫画を

2004年4月1日

きのうは「レディースデイ」。しかも「春休み中」なので映画館がけっこう混んでいた。アタシャ【ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還】をもう一度観ようと思っていたが、ガキがうるさそうなので大人向けの映画を選んだ。

それではまず、題名について一言。この映画の原題は Once upon a time in Mexico だから、「むかしむかしメキシコで…」と訳した方が内容に近いような気がする。大人向けの漫画というカンジで、レジェンド(伝説)なんて大げさなものじゃない。

たぶん KILL BILL や座頭市が面白いと思った人なら楽しめるだろう。『なんで?』なんて考えちゃいけないのだ。わざと古くさく、安っぽく、オバカな味付けにしてある。その方が個性的な俳優が目立つってことだろう。

見どころは、ジョニー・デップがレストランで無茶するシーン。あとはアントニオ・バンデラスのアクションとサルマ・ハエックの腰のくびれかな? それから、人が派手に吹っ飛ぶシーンはアメリカなら爆笑ものだろう。筋書きなど気にせず、気楽に楽しんだ方がいい映画だと思う。

ということで、評価は「お暇なら」の C ね。

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード(DVD)