報道ステーション

お通夜みたいだった古舘

2004年4月6日

きのうは家に帰るのが遅くなって報道ステーションの前半を見逃してしまった。だから後半しか見てないのだが、どうも古舘らしくない。まるでお通夜みたいなしゃべり方でツマラナかった。あれじゃー、見てるだけで肩が凝っちゃうよ。

でも、お天気お姉さんはなかなか爽やかだった。緊張のためか『危なっかしい』と思ったが、なんとか無事終了。でも、肝心の天気予報はまったく覚えてない。『無事に終わったなー』という印象が強すぎて、こっちが胸をなで下ろしたほどだ。

まあ、第一回だからしょうがないか。疲れるから早く慣れてほしい。ほかに気になったのはジャズの音量が大きすぎること。報道番組の殻を破るつもりだろうが、もうちょっと普通にやってもいいんじゃないの? ニュースはスポーツ以外普通にやって、後半を得意のスポーツで盛り上げる。そして最後はゲストを交えてトーク番組風にした方が面白そうだ。ということで、報道ステーションについてはこんなところかな。

さて・・・

きのう帰りが遅くなったのにはワケがある。釣具屋でまたしてもテレビ局のKさんと遭遇し、バカ話で盛り上がってしまったのだ。

「このあいだ話した“長さん追悼番組”は終わったの?」

「終わったよ」(K)

「番組改編も終わったんでしょ」

「うんにゃ、まだまだ。今が佳境ですよ。今日は午前中に帰ってきて、ついさっきまで寝てた」(K)

「忙しいんだねー。なんか面白いドラマでもはじまるの?」

「渡る世間は鬼ばかり」(K)

「えなりかずきか・・・ああいうイイ子ぶってるやつは見たくねーなー。釣りのドラマでもやってよ」

「キムタクが漁師兼・遊漁船の船長見習いなんてどう? そうすりゃ、釣り客が増えるでしょ」(店長)

「相手役はどうすんのよ?」(K)

「マリンジェットで遊んでるお姉ちゃんにすればいい。でさぁ、最初は漁師のキムタクと衝突するのよ。“テメーラ漁師の邪魔すんじゃねー!”みたいなところから絡みがはじまるワケ」(店長)

「いいじゃん! まず漁師の親方は泉谷しげるで決まりだな」(K)

「キムタクはまだ見習いで、コマセを混ぜたりするんだ」

「あのキムタクが?・・・コマセ混ぜちゃうんだ! プッ・・・スゲェなそれ!」(K)

「でね、夏はシイラ船のインストラクターもやるわけ。そこで彼女とバッタリ再会。“アッ! あんときの生意気なネーちゃん!”」(店長)

「なんかイマイチだなー。見え見えじゃん」(K)

「じゃあ、嵐の日に遭難したマリンジェットのネーちゃんをキムタクが助けるってのはどう?」(店長)

「・・・」

「じゃあ、キムタクで実写版の“釣りキチ三平”はどーよ? 上戸彩の“エースを狙え!”がウケたじゃん」

「魚紳さんはよ?」(K)

「草刈正雄なんてどう?」(店長)

「たしか魚紳さんはバスプロになるんだよね」

「あのキムタクが・・・ムギワラ帽子で・・・プッ。おもしれーけど、スポンサーが付くとは思えねーな。会議でつぶされちゃうよ。流石にそんな無茶な企画を通す権限ないねー」(K)

「ダメかぁー」

(`⊥´)ゞ

ということで、キムタクを使って釣りブームを再び巻き起こすのは無理っぽいという結論に達したのだった。(無念)

【ジャンヌアルテス】 セクシーボーイ

キムタクが使っているという【セクシーボーイ】

NEXT で『報道ステーション』第二回へ