SASUKE と報道ステーション

番組改編バトル

2004年4月7日

きのうは報道ステーションの初回を観た感想とテレビ局の人にキムタク主演で「釣りのドラマ」を作ってくれないかとお願いしたが、あっさり蹴られたという話だった。(きのうを読んでない人はひとつ戻る

そして今日はきのうの続き。相手はテレビ局のKさんである。(5日の夜)

「番組改編のスペシャルは何をやるの?」

「今日が筋肉番付で、明日が SASUKE かな」(K)

「それって古舘が司会してた番組じゃん。報道ステーションにブチ当てるワケ?」

「当然でしょ。ブッ潰しますよ」(K)

「テレビ局って相当ドロドロしてるのね」

これには少々驚いた。テレビ局のバトルは「目には目を、歯には歯を」のハムラビ法典に従っているようだ。良い機会だからハムラビ法典について調べてみようか。

ハムラビ法典はバビロン第一王朝の第6代ハムラビ王によって紀元前18正規頃に制定された。一方イスラム教はマホメットによって紀元610年ごろに成立した。ハムラビ法典とイスラム教には何の関係もない。ハムラビ法典の趣旨は、無際限で無限の復讐の連鎖を止めるためのものだったという。

さらに調べてみると、ハムラビ法典は完全な形で残る最古の法典で、その後は損害に見合う金品で罪を償わせる法律に変わっていったようだ。なお、一部しか発見されていないがウル第3王朝(BC2112〜BC2129)の「ウルナンム法典」の方がもっと古い。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/babylon1.htm

ということは、紀元前18世紀頃に「復讐の連鎖をやめよう」という法典ができていたのに、西暦2004年になっても復讐の連鎖が止まってないという事だね。

人間ってまったく進歩してネージャン!

というわけで、アタシは TBS の報復番組 SASUKE を観たわけだが、今回は職業=SASUKEという常連が出ていなかった。名前を忘れたので調べてみると山田さんというらしい。この人は自宅に SASUKE のセットまで作って、SASUKE に人生を賭けているはずなのだが・・・どうしちゃったのだろう? 前回反則で失格になったのが原因だろうか?

さて、その後は SASUKE の第1ステージが終わったところで第2回の報道ステーションにチャンネルを切り替えた。

『オイオイ古舘、顔がコワイよ!』

もっと肩の力を抜いた方がいいのに・・・(ちょっと勘違いしてるな)

必死の形相でイラク情勢を語っちゃって・・・(お気楽な視聴者には向いてない)

なんか痛々しいぞ古舘。TBS の報復にショックを受けたのか? 日本テレビは「おしゃれカンケイ」の続投で「報道ステーション」がコケても大丈夫だろう。だが、TBS は違う。「報道ステーション」の視聴率食い潰しに躍起になっているようだ。その証拠に、今日は K-1 までぶつけてきた。

やるなぁーKさん。兵法でも勉強してるのか? まずは「報道ステーション」のスタイルが固まる前にスポーツ系人気番組をぶつけて視聴率をもぎ取る作戦らしい。古舘も前途多難である。当分の間、夜の10時台は修羅場だぜ!

10日後の『報道ステーション』へ