KILL BILL Vol.2

感想は「不完全燃焼系」

2004年4月27日

まず、この映画は Vol.1 を見た人専用。アタシは Vol.1 を2度見たので、結末を見ずにはいられなかった。Vol.1 の評価は A だったから相当期待してたんだ。とても新鮮だったし、笑えるシーン、興奮するシーンが多かったんだよ Vol.1 は。

でも、Vol.2 の評価は C+。これは、「まあまあだけど、残念な部分があった」という評価で、その残念な部分というのは「笑えるところ」が全くと言っていいほどなかったこと。

今回の副題は「ラブ・ストーリー」ということで、テーマはよくわかったんだけどねー。いかんせん Vol.1 と比べると地味すぎるワケ。『予算を Vol.1 で使い切ってしまったか』と思うほどアクションが少なくて、その代わりビルの説明的なセリフが多くなってるんだな。だから、クエンティン・タランティーノの作品は KILL BILL が初めてというアタシみたいなシロウト映画ファンは期待を裏切られちゃうと思う。

もちろん今回もツッコミどころはいくつか用意されてるよ。でも、Vol.1 と比べたら半分もない。それに、アタシは Vol.2 でオマージュされた作品をほとんど見てないだろう。「北斗の拳」以外は・・・

だから、ニヤリとするシーンもほとんどなかった。「北斗の拳」をオマージュするなら「アタタタタタ、アター!」は必須でしょ。これさえあれば B+ だったかもしれない。だから、せめてブルース・リーの怪鳥音ぐらい取り入れてほしかったと思う。それからビルの倒れ方も、もうちょっと工夫してほしかったなー。

そう考えてみると日本の漫画ってスゴ過ぎるのかも。「北斗の拳」を知っている日本人としては物足りないよ。シリアスだけど、ほんのちょっと見方を変えるとギャグマンガみたいな・・・そういう紙一重の面白さが足りないと思う。(「北斗の拳」を知らない人は「巨人の星」を思い浮かべれば言わんとすることがわかるはず)

だから感想は「不完全燃焼系」になっちゃったね。アタシャ Vol.1 の流れで最後に驚かせてほしかったんだよ。

KILL BILL Vol.1&2 ツインパック DVD

KILL BILL Vol.1&2 ツインパック(DVD)