ハンバーガー昼

人を呪わば穴二つ

2004年5月11日

アタシたちは選挙で議員を選んでいる。いや、選んでいると言うより、のさばらせたくない政党の議員数を少しでも削減するために投票所へ向かっているのかもしれない。

だが、のさばらせたくない政党を落とすことさえ非常に困難になってきた。それは野党第一党がカッコワル過ぎるからだ。年金問題でイチバン格好悪かったのは誰が何と言おうと菅直人に決定! その往生際の悪さは辻本清美の比ではなかった。

asahi.com より

民主党の菅代表は3月23日の記者会見で、国民年金のCMに出演した女優の江角マキコさんが国民年金に未加入だった問題について、「社会保険庁は調査不足だ」と批判したうえで、江角さんの参考人招致を求める考えを表明。

しかも、菅直人は麻生大臣らを「未納3兄弟」と命名して「4兄弟、5兄弟かもしれない」と皮肉っていたのだ。自分も未納兄弟だったことを知ったとき、いったいどんな顔をしたんだろう?

江角マキコの参考人招致は是非やらせてあげたかった。中村うさぎのエッセイ集に【穴があったら落っこちたい!】というのがあるが、もしも菅代表が江角マキコを国会で小一時間問いつめていたら・・・

「穴があったら落っこちたい!」じゃ済まされないよな。これはもう「ブービートラップにハマって自爆したい!」ぐらいの恥だ。どうせならそこまでやってほしかった。そうすれば日本中の情けない人達が『俺もカッコワルイけど、菅よりはいくらかマシ』と思えただろう。菅さんは日本中の情けない人達を癒せたはずなんだ。

そこまでやってれば「負け組の星」だよ。ハルウララ以上の癒し系キャラだよ。

ちなみに

アタシは戦争映画もけっこう見るのでブービートラップがどういうものかよく知っている。でも、みなさんはブービートラップを知らないかもしれない。「プラトーン」、ハンバーガー・ヒル、「地獄の黙示録」、「フルメタルジャケット」などに出てきたかな?

ブービートラップは「卑劣な罠」とでも訳すとわかりやすいだろう。今やってる映画では【CASSHERN】にも出てきた。だから【CASSHERN】を見ればどんな罠だかわかるよ。

例を挙げると、ドイツ軍が仕掛けたブービートラップとして、ヒットラーのポスターを剥がすと対人地雷がドカン!なんてのがあった。それから、ベトコンの場合は、わざと放棄した陣地に地図などを置いておく。それをアメリカ兵が拾い上げると手榴弾のピンが抜けてドカン!という仕掛けだ。要するに「人間釣り」だよ。何かしらエサが仕掛けられているわけ。

さて、

菅さんは数日前までニヤニヤしていただろう。自分は大丈夫と思っていたから自信満々に自民党を叩いていた。ところが自分もやってたんだな。これは「穴があったら入りたい」なんてもんじゃない。「穴があったら落っこちたい!」でもまだ足りない。残された道は自分が仕掛けたブービートラップにダイブして自爆するしかなかったわけだ。

さあ大変! 隊長がブービートラップでカッコ悪く戦死しちゃった。映画だと有り得ないシーンだ。普通は下っ端が吹っ飛ぶものなんだが、隊長が吹っ飛んじゃったよ。菅さんハンバーガーみたいにミンチになっちまったぜ。

「ハンバーガー昼」の結末やいかに?

「人を呪わば穴二つ」・・・真理だよな。昔の人はいいこと言った。しかし、菅さんは穴二つじゃ足りなくて民主党の墓穴まで掘っちまったのだ。次回の選挙で民主党は惨敗するだろう。マニフェストなんてカッコイイ言葉は二度と吐けまい。

マニフェスト=政権公約・・・ということは、マニフェストという言葉は政権を取らない限り何を言っても公約違反にならないという免罪符に過ぎない。それは前回の選挙でわかった。そんな無責任な公約をアナタは許せますか? 「高速道路無料化」みたいな絵空事を・・・

民主党は一度解散して出直した方がイイだろう。あまりにもカッコワル過ぎる。これでは無党派層の票が与党へ流れちゃうよ。旧自由党の脱退もあるんじゃないの? もしも旧自由党の議員全員がキチンと年金保険料を納めていたら、これこそまたとないチャンスだぜ。