ニッポン国歌

歌詞変更

2004年7月22日

きのうはサッカー・オリンピック代表の強化試合があった。皆さんも見たと思うが、巨大なソウルのワールドカップスタジアムは2階にだいぶ空席が目立ったね。宿敵ニッポン相手にしてはイマイチ盛り上がってないようだった。得意の♪テーハ ミングッ♪も2年前に比べると全然迫力ないじゃん。韓国のサッカー熱は日本以上に冷めてしまったのかな?

確かにワールドカップは一時的な国威発揚になっただろう。しかし、韓国は今になって大きなツケに苦しんでいるように見える。ワールドカップでの大躍進は韓国製品のイメージアップどころか、不買運動にまで発展したからね。サッカーで勝っても外貨獲得のためには何もいいことがなかったと思う。

まあ、自業自得だけどな。あの頃ヨーロッパでは・・・

ポルトガルの人達

(>_<)

スペインの人達

ヾ(`Д´)ノ

イタリアの人達

(ノ`皿´)ノ⌒亦亦

たぶん、こんなカンジだったと思う。ヒュンダイの車なんか買うわけないし、サムスンの製品もサッカーファンだったら叩き壊しただろう。さて、話はまったく違う方向へ進むのだが・・・

どうも「君が代」ってのは『これから戦うぞ!』って気分になりにくい歌だと思わない? オリンピックの国旗掲揚では感動するけどさぁー、サッカーの試合が始まる前に歌うと、妙に心が落ち着いて戦う気分にならないんだよ。だいたい今の日本は天皇を神と崇める国じゃないんだから「君が代」ってのはマズイよね。『日本国民のために頑張るぞ!』って気分にならなきゃダメだよ。

じゃあ、どうすればいい?

いろいろ調べてみたのだが、「君が代」には2番があったらしい。

ココ読めワンワン!

と言っても「君が代」の部分は2番も同じなんだ。やはり「君が代」は敗戦の時に変えておくべきだったね。「君が代」以外だったらなんでもいいんだよ。たとえば・・・

かーわーいーいー ターマーちゃん

多ぁー摩ぁーにー かーたびらーに

なーがーれー にーしーのー

ターマーオーと なーりてー

こーせーきー もーぉらーぅ まーあぁでー

なんでもいいんだよ。面白けりゃ! まあ、これは冗談だけどさ。とにかく、「君が代」の部分を変えてほしいわけ。

ところで・・・、確か南米のどこかと日本代表が試合をしたときのこと、相手国の国歌がバカ長くて驚いたことがあった。(たぶん相手はチリ)君が代は1分ぐらいだが、相手の選手は3分ぐらい歌っていたのだ。しかも、やたらと繰り返しが多い曲で『クドイ!』と思ったね。だからオリンピックでは、このような不公平をなくすために、原曲をそのまま使わずに短縮するんだ。♪かわいいタマちゃん♪で言うと・・・

かーわーいーいー ターマーちゃん

多ぁー摩ぁーにー かーたびらーに

なーがーれー にーしーのー

もーぉらーぅ まーあぁでー

このようにカットされて約40秒の曲になるんだよ。だから、新しく国歌を作り直すとすれば、上記の40秒に編曲するといい。

日本の 民は

清く 正しく

世界 平和

実現 するまで

これでいいじゃん。これなら中国にとやかく言われることもなく、短くて、しかも理想を端的にあらわしてる。ヨシ! これで国旗掲揚のときに使う曲はできた。あとは試合前に歌う「勇気が湧いてくるような国歌」を決めればいい。

えっ! 六甲おろし?

(`ё´)

ダメだよ、そんなの。アタシは「宇宙戦艦ヤマト」みたいな曲がいいな。

あ”−、今日もまたクダラナイ考えで時間を潰してしまった・・・