ゴキブリ駆除

タイプ別の長所と短所

2004年8月1日

最近ドラッグストアに行くと、必ずゴキブリ駆除用品の前で立ち止まってしまう。それはなぜかというと、アタシが活動している時間帯がゴキブリの活動時間とバッティングするからだ。つまり、家中で一番ゴキブリと接近遭遇するのがアタシなのである。

アタシがなぜゴキブリ駆除用品の前で立ち止まってしまうかというと、それはゴキブリ駆除用品のタイプが多すぎて迷うからだ。どれも一長一短あるのでどうしても決められない。すでに3回もドラッグストアで製品を吟味しているが、未だに何も買えないでいる。

じゃあ、どうすればいい? そうだ、まずは選ぶポイントを整理してみよう。

ゴキブリ駆除用品の評価ポイント

さて、次はどうすればいいかというと、各タイプごとに「評価ポイント」について5段階評価をしてみればいいのではないだろうか? じゃあ、早速やってみるぞ。

ゴキブリ駆除用品のタイプと評価

★狩猟型

スリッパでバシッ!

経済性5(タダ)、安全性2(不潔)、即効性2(叩けない場所がある)、持続性1(持続性ナシ)、面白度5(狩猟本能活性化)、清潔度1(最悪)、根絶度1(逃がす確率大)、手軽度4(玄関まで行かなきゃならない)

合計21ポイント。

★粘着型

ごきぶりホイホイ(アース製薬)に代表される方法

経済性4(安い)、安全性4(赤ちゃんや犬がいると問題あるかも)、即効性3(見た目はスゴイ)、持続性2(約1ヶ月)、面白度4(獲物が見える)、清潔度3(あまりキレイとは言えない)、根絶度2(根絶はできない)、手軽度4(組み立ての手間だけ)

合計26ポイント。

★毒霧型

ゴキブリフマキラーダブルジェット(フマキラー)に代表される方法

経済性3(まあまあ安い)、安全性2(台所では食器などにかかる恐れアリ)、即効性4(狭いところでも使えるのでなかなか)、持続性2(うーん)、面白度4(ゴキブリが弱る様子をサディスティックに眺められる)、清潔度2(食品にかかるとマズイ)、根絶度3(通り道に噴霧すれば)、手軽度4(かなり手軽)

合計24ポイント。

★繭玉型

ワイパアゴキパオ(白元)に代表される泡でゴキブリを包んでしまう方法

経済性2(けっこう高い)、安全性4(畳や絨毯が汚れる可能性アリ)、即効性2(見つけなきゃどうしようもない)、持続性1(その場限り)、面白度5(ほとんど趣味)、清潔度5(殺虫成分は入ってない)、根絶度1(趣味だからね)、手軽度3(まあまあ)

合計23ポイント。

★薫煙型

バルサン(中外製薬)に代表される方法

経済性3(まあまあ)、安全性3(ペットを飼っている家では使いにくい)、即効性5(最高)、持続性3(卵に無効なので3ヶ月)、面白度2(効果は見えにくい)、清潔度3(うーん)、根絶度4(卵には無効)、手軽度1(とても面倒)

合計24ポイント。

★毒殺型

コンバット(キンチョウ)に代表される方法

経済性3(まあまあ)、安全性5(安全)、即効性2(うーん)、持続性4(3ヶ月〜6ヶ月)、面白度2(効果が見えにくい)、清潔度4(どこかに死骸が…)、根絶度4(全滅はムズカシイ)、手軽度5(置くだけ)

合計29ポイント。

以上の結果から・・・

トータルバランスに優れ、手軽な「毒殺型」がポイント最高。さらに「毒殺型」の「経済性」を上げたいなら、ホウ酸を薬局で買って毒まんじゅうを自作したら面白度も上がって最強かもしれない。ただし、ペットや赤ちゃんのいる家庭ではコンバットなどゴキブリしか餌を食べられないプラスティック容器に入っているものが好ましい。(赤ちゃんはホウ酸5グラムで死ぬかもしれない)

ゴキブリホウ酸団子の作り方(All About Japan)

なお、ゴキブリはバナナやハチミツも好きらしいので、タマネギだけじゃなく、これらを混ぜると効果的だろう。

ゴキブリ退治用のホウ酸ダンゴの作り方(福岡県薬剤師会)

ホウ酸は細胞毒で,ゴキブリの表皮から浸透する接触作用と,経口的摂取による消化管内の共棲微生物殺菌および組織SH系酵素阻害作用により,ゴキブリは脱水症状を起こして死亡する。 作用は遅効性で,効果が現われるのに4〜5日程度かかるが,効果は確実である。

ゴキブリ駆除教本(アカデミックです!)

ゴキブリを根絶するにはゴキブリの習性を詳しく知る必要がある。特に食べ物屋さんにはゴキブリ駆除教本を読んでもらいたい。

ゴキファイター

結局、今回は効果が1年も続くというフマキラーのゴキファイターを購入した。これはゴキブリ駆除のプロが使っているというフィプロニル(神経毒)を配合した毒エサで、ホウ酸より効果が早く出るらしい。