マッハ!!!!!!!!

恐るべしタイ映画

2004年8月7日

ちょっとちょっとー、この映画オモシロイじゃないの。アタシ、どうせオバカアクションだろうと高をくくってたんだけどさぁ、ムエタイアクションってホントに凄いのよ。CG全盛時代に敢えて背を向けるムエタイ映画・・・これは絶対観て損しないわ。オススメだからアンタ達も観なさいっ!!!!!!!!

まず、主演のトニー・ジャー。誰の真似もしてないところがエライわね。若い頃のジャッキー・チェンでもないし、燃えよドラゴンのブルース・リーでもない。怪鳥音がないのがちょっと寂しい気もするけど、やっぱりオリジナリティーって大事だわ。

特にスゴイのはワイヤーなしの空中二回転まわし蹴り。このスピードはなんなの? 足に火をつけちゃう炎のまわし蹴りは命懸けのアクションだしぃー、三輪タクシー(トゥクトゥク)を使ったカーチェイスもコミカルで目新しいわね。

それからジョージ役のペットターイ・ウォンカムラオがイイ! 見た目は鉄の芸術家クマさんと桂枝雀をミックスしたカンジなんだけど、お笑い部分は全部ジョージ任せだから、この映画になくてはならない存在だわ。

枝雀落語大全 第2集

桂枝雀ってこんな人

「せめてエンジンかけさせろ」・・・このセリフ最強! 観た人は笑ったでしょ。ここで観客全員ブッ飛びよ。こういうギャグは今まで見たことない。これこそが「タイらしさ」なのかも。少なくとも日本人のセンスじゃないわ。そしてラストでまたまたタイらしさ爆発。日本人の目で見ると『えっ、これでハッピーエンド?』と思うんだけど・・・おそらくタイ人はみんなハッピーになれるんでしょう。

誰の真似もしてない。香港映画のファンにも媚びてない。細かいところで手を抜いてるところも、かえってタイ人らしくて笑えちゃう。本気モードのムエタイアクションさえあれば、まったく無問題ね。アタシの評価は A- ってところかな? 主人公とセクシー美女のからみがあれば A だったかも・・・

これは純粋な肉体派アクション映画ね。ストーリーなんて最初から期待してなかったから無問題よ。こういう単純明快な映画は久しぶりってカンジ。でもね、興奮して真似するのはアブナイからおよしないさいっ! シロウトが真似すると大怪我するわよ。

マッハ!プレミアム・エディション

マッハ!プレミアム・エディション(DVD)