リディックの感想

ヴィン・ディーゼルは強いけど

2004年8月20日

この映画はリディック(ヴィン・ディーゼル)を主人公としたスペース・アドベンチャーです。他に登場するのはリディックを追う賞金稼ぎ、予言者のオバチャン、リディックの妹? それから悪の枢軸ネクロモンガー、甲冑に身を包んだ戦士達・・・

なんか乗り物が未来的な割に衣装が中世的なんだよね。まあ、それは許すとしても、宇宙征服を狙う相手とナイフ1本で格闘するストーリーってどうなんだろう?

つまり、最初から B 級テイストなんです。B 級なら B 級らしくオバカな味付けにしてくれれば笑えるんだけどさ、主人公が大まじめに素手で戦っちゃうわけですよ。VFX バリバリの映像を背景にね。なんかアンバランスでしょ。

この取り合わせを素直にオモシロイと思える人はいいんだけど、どうも巷の評判はあまりよくないみたい。アタシが笑ったのはヴァーコ夫人のアイラインぐらいかな? あれは面白かったけど、肝心のアクションに目新しさがなかった。もっと特殊な武器やサバイバル道具があったら良かったんじゃないだろうか?

ということで、アタシの評価は C の「お暇なら」。ヴィン・ディーゼルが出てくる映画なら【トリプルX】の方がオモシロイので、トリプルXをオススメしちゃいます。

トリプルX スペシャル・エディション【PCBE-50508】 =>20%OFF!《発売日:03/03/19》

トリプルX スペシャル・エディション