華氏911

それは自由が燃える温度

2004年8月26日

マイケル・ムーア監督の話題作。カンヌ映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞したが・・・読売新聞の映画評では、3人の評論家がそろってケチをつけていた。要するに「話の持っていき方が一方的」ってことだろう。だが、そんなのは評論家の見方だと思う。ブッシュがやってることを徹底的に「バカだ、アホだ」とコキ下ろすのもオモシロイに違いない。

ということで観てきましたよ【華氏911】。ひと言で言うと、これはブッシュ政権ネガティブ・キャンペーンかな。特に印象的だったシーンは、世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだときのブッシュ大統領。ネタバレになるから何をしていたか言えないけど、これは一見の価値があるかもね。(ヒント:ゴルフじゃありません)

さて、アタシの感想だけど、まず絶賛はできませんな。石油がなければイラク攻撃はなかったという見方には賛成だけど、ニュース番組をつなぎ合わせた構成に奥深さが感じられない。要するに作りが安っぽいわけよ。これぐらいは高校生でも作れちゃうというぐらいね。

この映画を観てアタシが感じたこと

  1. ブッシュがバカなことをやってくれるおかげで日本も潤っている。
  2. イラク攻撃で一番うまい汁を吸っている国は他でもない日本かも。
  3. ケリーが次期大統領になると日本はマズイ方向へ向かうかもしれない。

この映画の評価

去年観た【ボウリング・フォー・コロンバイン】の場合は、制作をはじめたときマイケル・ムーア自身にも結末が見えていなかったと思う。それはなぜかというと、後半のマリリン・マンソン(パンクロッカー)のインタビュー後に方向性が鮮明になったからだ。

でも、今回の【華氏911】は違う。これは最初からブッシュ政権ネガティブ・キャンペーンとして作られている。【ボウリング・フォー・コロンバイン】の場合は、答えが見えない事件について、ひとつずつ証拠を集めていくプロセスが面白かったが、この映画では最初からブッシュをコケにしようという意図が見え見えなのだ。

だから【ボウリング・フォー・コロンバイン】ほど面白くない。アタシは【ボウリング・フォー・コロンバイン】に B+ を付けたので、それより1ランク下の B 評価にしておこう。オススメと言うほどじゃないが、観れば何かを感じるから損しないというレベルだ。

マイケル・ムーア関連作品

「アホでマヌケなマイケル・ムーア」というアンチ・ムーア本も出るみたいよ。

華氏911 コレクターズ・エディション

華氏911 コレクターズ・エディション(DVD)