アシックスとミズノ

活躍する日本のスポーツ用品

2004年8月28日

イチローがメジャーリーグで4年連続200本安打を達成しましたね。あまりにもスゴイ記録なので日本人という気がしませんが・・・

でね、今日イチローの写真がスポーツ新聞に出たのでシゲシゲと眺めてみたら、アシックスのスパイクを履いてたんです。

アシックス 2004年 NEW ICHIRO MODEL

アシックス 2004年 NEW ICHIRO MODEL

『アシックスって昔はオニツカ・タイガーだったよな』

もうウン十年前の話ですが、アタシがサッカーを始めた頃はサッカーといえば adidas でした。三本線の adidas(ドイツ)。だから最初はみんな adidas のスパイクを履いてたんですよ。オニツカ・タイガーもあったけど、なんとなく安っぽい気がしたので、アタシのチームは全員 adidas を履いてました。オニツカ・タイガーのラインは adidas と puma を混ぜたようなデザインになっていたので、安いだけのバッタモン的なカンジがしたのです。

ところが、ワールドカップでヨハン・クライフ(オランダ)の活躍を見た途端、puma(ドイツ)に履き替える選手が続出! puma を履けばクライフになれるような気がしたのでしょう。フォワードの連中は全員 puma になりました。シューズを替えれば上手くなるってもんじゃありませんが、adidas より puma の方が柔らかかったんです。皮が柔らかいとボールにカーブをかけやすいわけね。(ブラジルのペレやアルゼンチンのマラドーナも puma のスパイクだった)

さて、その後ですが、NBA(全米バスケットボール)の人気とともに NIKE(アメリカ)が台頭してきました。NIKE のマークはスラッシュになっているでしょ。実はスポーツシューズのマークでラインが靴底にくっついてないのは NIKE だけなんです。これはなぜかというと、元々は皮の補強材としてラインが縫い付けられていたからで、ブランドを誇示するためのマークではなかったんですよ。

NIKE が使った宣伝費はとてつもない額でした。バスケットボール(マイケル・ジョーダン)、テニス、ゴルフ(タイガー・ウッズ)、野球、陸上競技(カール・ルイス)・・・アメリカのトップアスリート達はほとんど NIKE を履いてるんじゃないかな?

ナイキ社、タイガー・ウッズとの契約金は46億円(ス・スゴスギル!)

だから今、ドイツの牙城はサッカーだけです。次回のサッカー・ワールドカップはドイツで行われますが、おそらく adidas と puma の宣伝費は史上最高になるでしょう。(現在、日本代表が adidas。ジュビロ磐田などのJリーグチームが puma を採用しています)

ところが、ここ数年で日本のスポーツ用品が世界のトップに躍り出てきたんですね。ミズノやアシックスがシドニー、アテネで大活躍しました。まず、高橋尚子がアシックス。そして、サメ肌水着はミズノの SPEEDO だったでしょ。もちろん、日本のトップスイマー北島康介が SPEEDO の広告塔です。

ちなみにイアン・ソープを検索したら、こんなのが出ちゃいました。

IANSOAP(イアンソープ)

天使の石鹸(イアンソープ)

(`⊥´)ゞ

オイオイ、アタシが検索したいのはイアン・ソープの水着だよ。まあいいや、先を急ごう。ちなみに、ミズノのランバードマークですが、このデザインは東海大学の先生が生みの親だという話を聞いたことがあります。(間違ってる可能性があるから引用禁止ね!)

runbird

ミズノのサイトにリンクしてます

ミズノのサイトによると1982年からランバードマークを採用しているそうですが、この頃、在学中の高野進がミズノのシューズで走ってたんです。東海大学体育学部とミズノの関係はかなり親密なのでしょう。その証拠にアテネオリンピックでは、柔道の畳も日本チームの柔道着もミズノ製でした。ランバードマークが採用された頃、柔道の山下泰裕も東海大学の学生だったので、多分この頃から東海大学の柔道部と協力してミズノが柔道用品を開発したのだと思います。

ミズノ柔道衣全日本モデル

柔道着全日本モデル(ミズノ)

あとね、野口みずき選手が履いていたシューズはアシックスです。

アテネの選手達に提供されたアシックスのマラソンシューズ

ゴールしたあと野口選手がシューズにキスしてたでしょ。あれ、メーカーとの契約でそうしたのかと思ったら違うみたいです。あのパフォーマンスは野口選手が自発的にやったらしい。よくスキーの選手がゴールしたあとすぐにスキーを脱いでアピールするじゃないですか。きっとスキーの真似をしたんだと思います。(そのあとゲロ吐いてたみたい・・・シューズが臭かったのかな?)

マラソン ソーティJAPAN−かかと部も踏み付け部も設置面を拡大。より安定性を高めたJAPAN。

マラソン ソーティ JAPAN(アテネ用ベースモデル)

その他、アテネではスポーツドリンクにも熾烈な競争があったんですね。味の素のアミノバイタルが室伏選手と北島選手をサポートしたでしょ。それからレース後、明らかになったんですが、野口選手がアテネで飲んでいたのは大塚製薬のアミノバリューだそうです。

室伏選手が銀メダルに終わった翌日、ミズノの株は下がったんですけどね、アヌシュ選手の金メダルが剥奪されて室伏選手が繰り上げで金メダルを受賞するとどうなるのかな? みなさんもスポーツ用品メーカーに注目してみましょう。