アイ・ロボットの感想

Bluetooth ヘッドセット

2004年9月22日

きのうは【アイ・ロボット】というアクション映画を観に行った。この映画、感想をネタバレなしで書くのが非常に難しい。ネタバレなしだとアッという間に書き終わってしまうのだ。

「観ている間は楽しい・・・でも・・・終わってみると感想が浮かんでこない」

以上!

これじゃさすがに寂しいよね。だからグッスリ寝てから書きはじめることにした。どこが楽しくて、どこがイマイチなのかは翌日にならないと鮮明に見えてこないんだ。

まず、映画の舞台は2035年ということになっている。この映画最大の見どころは、30年後の近未来がどう変わっているかだ。しかし、これをネタバレなしで書くのが難しい。映画館からの帰り道で考えたことは・・・『32年後にはパラリンピックをやる意味がない』・・・だった。これ以上は書けないが、すでに観た人はうなづいてくれるだろう。まだ観てない人は、是非映画を観てこの謎を解いてほしい。

それから、この映画をイマイチと感じてしまう理由のひとつに「日本人だから」ということがある。主演のウィル・スミスがしゃべる言葉がスラングだらけなんだよ。戸田奈津子さんが必死に翻訳しているんだけど、どうしても字幕ではセリフの面白さが伝わってこない。(公式ホームページ→ SPECIAL → KNOWLEDGE を見てもらうと、戸田奈津子さん本人の解説が読める)

字幕でだいたいの意味はわかるが、ウィル・スミスの軽口を楽しめないところがイタイね。たとえば2004年モデルのコンバースとか・・・(謎)

おそらくアメリカ人が笑うところで日本人は反応してない。あと、アメリカの地理に疎い人が見ると、終盤の情景が理解できないかもしれない。これから見る人は地図でシカゴの位置を確かめてから観に行ってほしい。シカゴはアメリカ第3の都市だから、アメリカ人には説明不要なんだ。

もちろん、大金がかかった映画だからいいところもあるよ。ロボットのデザインや表情、近未来の交通システム、アウディーのスーパーカーは観て損しないだろう。これについては何も言うまい。二人で観に行って感想に詰まったら「近未来の交通システム」について語ればいいと思う。

しかしねー、見終わった直後は多分感想が浮かばないよ。『えっ?』というカンジなんだ。「アイザック・アシモフが設定した〈ロボット3原則〉が消化不良じゃん!」と言う人もいるだろうな。ちょっとオチにヒネリが足らないんだ。子供向きではあるけど・・・

だからアタシの評価は B-。これはレイトショーの1,200円級だと思う。絵は面白いから「まあまあ」だが、セリフが日本人向きじゃないことと、オチがありがちなところがちょっとマイナス。

Bluetooth ヘッドセット

ウィル・スミスが使っていたヘッドセットを見て気付いたこと。30年後の世界ではケータイを開いてピコピコやらないんだ。耳にヘッドセットが付いていて、手放しで電話をするんだよ。

11月1日から、運転中に携帯を利用すると罰金が課されるようになることを知っているかな? 従来、携帯の利用は事故を起こさない限り罰せられなかったが、今回の改正道交法では、危険を生じさせたか否かに関わらず、「運転中に通話したり、メール送信などのため画面を注視したりした」場合に、罰金が課されることになった。

反則金は、大型自動車が7000円、普通自動車が6000円、原動機付自転車が5000円。

対象となるのは、停止しているときを除いて、運転中に携帯を持って「通話したり、メール送信などのため画面を注視したりした」場合で、違反の点数は「1点」となっている。つまり、運転中のケータイ使用をお巡りさんに見つかると、その場で反則切符を切られちゃうワケ。

運転中もケータイを手放せないという人は、これを見なさいっ! ウィル・スミスが使ってたヤツは一番右のタイプに似てたね。これから観に行く人は注目してみて。既に実用化されてるんだ。

au「A5504T」専用 ワイヤレス・ヘッドセット I/Oデータ Bluetoothハンズフリーキット NTTドコモ「ムーバ」用 日本プラントロニクス Bluetoothモバイルヘッドセット【型番】M3000ブルートゥース対応携帯電話用 ブルーテーク Bluetoothヘッドセット BT400G3 [BT400G3]

au「A5504T」専用 ワイヤレスヘッドセット
DoCoMo「ムーバ」用 ワイヤレスヘッドセット
日本プラントロニクス Bluetooth モバイルヘッドセット
NTT DoCoMo F900iT もOK、ブルーテーク Bluetooth ヘッドセット

小ささに驚くハンズフリー

一番左にあるイヤホン型ヘッドセットの使い方。

au、ドコモ、ノキア、Macにも対応するブルーテーク『BT400 G3』

一番右のヘッドセットについてレポート。