各国のタバコ事情

「はすっぱ」とは?

2004年9月23日

きのうの昼頃、テレビ東京で「大人の世界 たばこ事情」という番組を観ました。この番組の視聴率は、かなり低かったと思いますが、内容はとても面白かったですね。

レポーターがアメリカ、スペイン、イギリス、フランスなどで各国のタバコ事情を見せてくれました。今日はその中で特に興味深かった話とアタシがインターネットで調べたことをミックスして書いてみましょう。

タバコが吸いはじめられたのはいつ頃?

7世紀のマヤ文明にタバコの存在を示唆する壁画があります。絵にはタバコを吸う神々が描かれていました。ですから、7世紀以前ということになります。

タバコの学名

ニコチアナ タバカム。アンデス地方原産の植物です。

イギリスのタバコ事情

  1. イギリスは紙巻きタバコが世界一高い国です。1箱が1,000円ぐらい(約5ポンド)。でも、手巻きにすると1本10円ちょっとで吸えちゃうんですね。法の抜け道もちゃんとあるんです。
  2. イギリスには紙巻きタバコを吸う人があまりいません。禁煙活動家は「紙巻きタバコは低所得者層の憂さ晴らし」みたいなことを言ってましたが、1箱1,000円のタバコを吸う人が果たして低所得者層でしょうか?(嫌煙ババァめ、日本に来てみやがれ!)
  3. イギリス人はパイプ喫煙を大人の嗜みとして認めています。ロンドンタクシーの運転手が片手放しで運転しながらパイプをくわえているのにビックリしました。

アメリカ(ニューヨーク)のタバコ事情

ニューヨークでは喫煙者がとても肩身の狭い思いをしています。タバコの値段は1箱7ドル〜9ドル。しかも、喫煙者は採用しないという企業が多く、酒場でも吸えません。でも、他の州でタバコを買うと安いらしい。(通販で買える)特にインディアンが経営するお店は優遇措置があるようです。アメリカって国は州ごとに法律が違うから何かしら法の抜け道があるんですね。

スペインのタバコ事情

スペインやポルトガルは大航海時代に南米へ進出したので「葉巻文化」を持っています。スペインの結婚式では新郎新婦が来客に葉巻を配る習慣があり、花嫁も葉巻をプカプカ吸ってました。なお、イギリスは北米へ進出したので、インディアンを見習ってパイプ喫煙になったようです。

【高品質・人気商品!】USAヒュミドール・チェリー・75〜100本

スペインでは葉巻を贈り物にすることが多いんです。

フランスのタバコ事情

フランスの街角にはカフェがあります。タバコはカフェで売られていて、1箱の値段は5ユーロぐらい。(現在1ユーロが135円ぐらいなので700円近い値段。街角に自動販売機はありません)

それでも喫煙率はけっこう高くて、特に女性の喫煙者が多いようです。カフェでタバコを吸うことがオシャレだと思っている人もいるんでしょう。アタシも芸術(創作)とタバコは切っても切れないと関係だと思いますよ。

なお、フランスには17世紀頃はじまった「かぎタバコ文化」があります。現在は衛生的な理由で廃れてますけどね。

ジタン カポラル (10個単位)

フランスのタバコと言えばジタンでしょ。
えっ!ジダンだろって? それはサッカー選手。

「はすっぱ」の意味

コメンテーターの山本容子(銅板画家)がこんなことを言ったんです。(一字一句合ってるワケじゃありませんが、だいたいこういう内容)

二十歳になったとき、父の前でタバコを吸ったのよ。アイデンティティーを主張するために。そしたら父は「はすっぱな吸い方だけはするな」と言ったの。“はすっぱ”ってのは要するに・・・<煙草を“斜に”にして、唇の“端っこ”でくわえる仕草>

<カッコ>内はジェスチャーで表現。

アタシは「へぇー」ボタンを連打しました。これは初耳です。煙草を「斜に(はすに)」して、唇の「端っこ」でくわえる様が「はしたなく見える」から「斜っ端(はすっぱ)」ということなんでしょう。『面白い語源だなぁ』と感心しちゃいました。

ところが、ネットで調べたら「蓮っ葉」(蓮の葉)が語源と書いてあるわけです。どっちがホントなの? 悩んじゃいますねー。山本容子説が非常にわかりやすかったので、アタシは山本容子説を支持しますけど・・・

語源由来辞典「蓮っ葉」