「笑の大学」の感想-1

シネコン通い

1/2ページ(全2ページ)

2004年11月11日

きのうは役所広司主演の【笑の大学】を観てきた。10月30日以来、新作が10本も公開されたから毎日のようにシネコンに通わなければならない。実は現在、1ヶ月間無料パスの期間中なのだ。その有効期間が12日までだから、毎日1本ペースで観ないと追いつかない。

それにしても、どうしてこんなに映画を観るようになったのだろう? 実は、一昨年の後半あたりから急にシネコン通いをはじめたのだ。それまではせいぜい年間10本ペースだったと思う。海老名は日本で最初のシネコン(ワーナー・マイカルシネマズ・海老名)ができた場所だから、すでに1993年からシネコンがあったんだけどね・・・

そこへ2002年の5月、VIRGIN CINEMAS(現在の TOHO CINEMAS)ができた。元々シネコンがあるところにもう1軒できたわけだから集客が厳しい。そこで VIRGIN CINEMAS は、6本観ると1本が自動的にタダ。さらに、映画の1分を1マイルに換算するシネマイレージサービスがはじめた。このサービスがアタシの懐具合にピッタリだったんだね。おかげでパチンコ屋から足が遠のいて、シネコン通いがクセになった。

仮に年間50本の映画を有料鑑賞するとしよう。すると1年以内に1ヶ月間無料パス(6,000マイルと交換)が手に入って、年間70本以上の新作映画を確実に観られるのだ。レイトショー料金は1,200円。普段はなるべくレイトショーで観るようにすれば50本観ても年間7万円ぐらい。女性はレディースデイに観れば1本千円だからさらにお得。大人ならそれぐらいのお小遣いは誰でも使えるでしょ。

たまーに90分ぐらいの映画もあるが、そういう短い映画はマイレージを損するから、なるべく無料鑑賞で観るようにする。すると1本平均120マイルぐらい稼げるんだ。だから11ヶ月で50本有料鑑賞すれば、無料観賞の権利が8回発生して、さらに1ヶ月間無料パスが手に入る。つまり、約7万円で新作映画70本の鑑賞は間違いないってこと。

しかも、新作映画をこれだけ観れば、感想を書くだけでサイトがひとつできちゃうでしょ。そこにアフィリエイトのバナーとか、Google Adsense を貼るとどうなるかってことを現在実験中なのだが、シロウトでも映画の鑑賞料ぐらいはなんとか稼げる事がわかった。(アタシは8年前から書きためたページで実験しているから実はもっと稼いでるけど)

だからねー、「ページに何を書いていいかわからない」という人がいると、「何をおっしゃるウサギさん」と言いたくなるんだよ。題材は「好きなこと」でオッケー。何でもいいけど「好きなこと」じゃないと続かないから、題材は必ず「好きなこと」にして今すぐ始めるべきだ。先人がいようがいまいがそんなことは関係ない。ネタ切れにならなければそれでいい。

あとはね、BLOG サイトじゃない自分専用のサーバーを借りましょう。できれば独自ドメインも取った方がイイよ。そうすれば自分の文章に合った広告を自由に選べる。BLOG サイトには制約が多いし、検索エンジンにも引っかかりにくい。おまけにアクセス解析も十分にできないんだ。

BLOG サイトを一生懸命作ってもねー、結局はページの見た目がゴチャゴチャになって、本人以外は読む気がしないバケモノになるだけなの。それからもうひとつ付け加えると、楽天広場は数ある BLOG サイトの中で、最も内容を読んでもらいづらい。(BLOG サイトと呼べないかもしれない)

人の流れは多いけど、まともに読む人の割合は少ないんだ。トップにアフィリエイトのバナーをベタベタ貼ると、それだけで約半数は敬遠して他へ行く。よほど気になる話題を扱っていない限り、一目見ただけでサヨナラだね。だからメインは BLOG サイトの外に作らなきゃダメ。

じゃあ次に、「映画の感想」でサイトを作るのが向いている人について書いてみよう。ひとつ言えることは、家でダラダラしながら観るより、映画館で集中して観るのが好きな人の方が向いてる。それはなぜかというと、他の人が気付かないことを書かないと面白くないからだ。

だからまず、2時間なら、人並み外れた集中力を発揮できる人。パチスロで目押しができる人ならさらにヨシ!【笑の大学】の場合、加藤あいがカメオ出演でチラッと出てきたのを見破った見た人なら合格だろう。(ウェイトレスの恰好をしていた)

加藤あい フォト&エッセイ「なないろの愛」

加藤あい フォト&エッセイ「なないろの愛」

アタシが普段、自宅でどんな風にテレビを観ているかというと、音がないと寂しいときにテレビを背にして、つけっぱなしにしているだけ。画面は「あまり」どころか「ほとんど」見てない。『あっ、地震!』なんてときはすぐに振り返るけど・・・

だったらラジオで十分と思うでしょ。ところがCMには興味があるんだよ。CMを見てないと世の中がわからなくなっちゃう。コンビニに行って新製品を見ても何だかわからない。街を走ってる新型車の名前もわからない。どんなタレントが人気なのかもわからない。そんな世間知らずじゃコラムなんか書けるわけない。だからCMだけは一通り見るんだ。

それから、本を読む時間があったら何か書きたい人も向いてる。ネタを仕入れたら、あとは握るだけ。自分のサイトが“回転寿司”。映画は“ネタ”だ。職人はドンドン寿司を握ってコンベアーに乗せればいい。あとは広告がクリックされて毎度アリ。もちろんクリックされないことの方が多いが、上手に握ればネタの仕入れ代ぐらい上回るだろう。最初は赤字覚悟ではじめてみな。

つづきあり