スーパーサイズ・ミー

チーズバーガー法案

2004年11月15日

「チーズバーガー法案」(正式名称「食品消費個人責任法」)は、3月10日にアメリカの下院が可決。現在、上院で審議中である。この法案が通ると「不健康な食品で太った」という理由で、大手ファーストフードチェーンに損害賠償を求めることができなくなる。

スーパーサイズ・ミー

「人はマクドナルドのみで生きていけるのか?」という素朴な疑問を解決すべく、監督自らが被験者となってマクドナルドのメニューを食べ続ける異色のドキュメンタリーフィルム。日本での公開は12月25日から。

公式ホームページ

もう1年以上になるかな? アタシはマクドナルドに行ってない。スーパーサイズってのは見たことがないが、Lサイズのポテトを見ただけで吐き気がしそうだ。あれよりデカイのを客に勧めて食べさせるのは犯罪と言われても仕方ないと思うが・・・

映画【スーパーサイズ・ミー】の中で、「監督」兼「被験者」のモーガン・スパーロックは自らに、スーパーサイズを勧められたら断ってはいけないというルールを課す。「スーパーサイズになさいますか?」と店員に言われたら "Yes I will !" と答えなければいけないのだ。公式ホームページによると1日平均は4,986キロカロリーにもなったという。果たして30日後はどうなってしまうのか?

この映画の公開後、マクドナルドはポテトとドリンクのスーパーサイズを順次廃止して、サラダ、ミネラルウォーターに万歩計のおまけを付けたセットメニューを投入しはじめた。(今朝の読売新聞を読んでみな)

『うーん、まさに最高で最悪のアイデア。面白そう!』

そんなことを考えていたら、きのうの日記に書いたラテラル・サイ・トレーナーが気になりはじめた。

『そうだ! すでに使っている人の日記を読めばいいんだ』

ということで「ラテラル・サイ・トレーナー + 日記」で検索すると、「壊れた」という人がかなりいるんだよ。それも無理はないだろう。あれだけ激しい運動を毎日何百回も繰り返すんだから、片手で持ち運べるほど軽量な機械が壊れない方がおかしい。力学的にかなり無茶なメカだと思う。アホでマヌケなマイケル・ムーアがラテラル・サイをやったら、5分も保たずに“バキッ!”・・・かもしれないぞ。

そこでアタシは『電動ウォーカーを買おうかなぁ』と思いはじめた。なぜかというと・・・

ということでみなさん、電動ウォーカーなら、もし飽きてもフリーマーケットで買い手が見つかりそうだから、電動ウォーカーにしてみようかと思ってるアタシなのだ。

ダイエット器具

健康器具の検索(フリーマーケット&オークション)